ライン(糸)の結び(ノット)

フライフィッシングで使う結び(ノット)

フライフィッシングでは糸やフライなど基本的にすべて手で結びます。
タックルの項で説明したフライライン、バッキングライン、リーダー、ティペットなど、フライフィッシングで使用される糸の類はその素材に合わせた結び方があります。
結び方はたくさんあるので、ここでは最低限必要な箇所について説明します。イラストや写真などで説明されていない方法についてはインターネット上に情報がたくさんあります。検索サイトに結び方のネーミングを入れると出てきますので参考にしてください。
ティペットやフライはなるべく早く正確に結べると釣り場でチャンスを逃すことが減りますが、フライフィッシングは魚釣り競争ではないので、ご自分のペースでやってみてください。何年かやっていると嫌でも早くなります。

①バッキングラインを結ぶ

フライラインに下巻きされているバッキングラインをリールとフライラインに結びます。リールへの結びは簡単なアーバーノットを、フライラインとの結びは強度があるオルブライトノットを説明します。   ①バッキングラインを結ぶLinkIcon

②フライラインにリーダーを結ぶ

ツールを使ったネイルノットと手だけで結ぶネイルレスノットを説明します。   ②フライラインにリーダーを結ぶLinkIcon

③リーダーにティペットを結ぶ

リーダーの先端にティペットを結びます。簡単なサージャンスノットを説明します。    ③リーダーにティペットを結ぶLinkIcon

④ティペットにフライを結ぶ

ティペットにフライを結びます。もっともポピュラーなクリンチノットを紹介します。    ④ティペットにフライを結ぶLinkIcon





釣り場に出る前に

実際に釣り場に出るとフライの交換だけでなく、木に掛けてしまったり、魚とのやり取りでティペットやリーダーが切れてしまうことがあります。「切れたら釣りをやめる」と余裕をお持ちの方は別にして、結び方を覚えておくと結びなおして釣りを続けることができます。下の写真のように色違いの紐でやってみれば案外簡単でしょう。

30cmほどの長さの紐を2本用します。これさえあれば、自宅でも通勤途中でも、風呂の中でも結びの練習ができます。

リーダーにティペットを結ぶサージャンスノット。上の図なら③です。 やってみると案外簡単にできるはずです。

フライにティペットを結ぶクリンチノット。上の図の④です。目をつぶってもできるくらい練習しておきましょう。