写真をクリックすると拡大します。

リーダー

リーダーはフライラインの先端につける糸で、フライラインと同じように先端に向かって緩やかなテーパーがつけられています。
リーダーの役割は太いフライラインから伝わってきた力を徐々に抜きながらフライに伝えること、フライを静かに着水させたり自然に流したりすることなど、フライラインと同様にフライフィッシングには欠かせない重要なものです。

形状

リーダーは基本的に下のイラストのような形状になっています。
テーパー部に結び目がなく滑らかなテーパーになっているものをノットレスリーダー、太さの違う糸を何本も結んでテーパー状にしたものをノッテッドリーダーと言います。市販されているものはほとんどノットレスリーダーです。
テーパー部の形状は使用するフライの大きさや、水中に沈めて使うものなどで微妙に変わります。一般的に空気抵抗が大きいドライフライを使用する場合にはバット部太いものが、水中に沈めるニンフフライなどの場合にはバット部が細いものを使われます。ヘビーテーパーとかスローテーパーなどとも呼ばれます。
ほかにも水面の表面張力に乗りやすいもの、水面下に沈みやすいもの、色つきのもの、素材がしなやかなもの、硬いものなどいろいろな特徴を持ったものが市販されています。


変わった形状のものでは、フライラインのWF(ウエイトフォワード)のように中央部が太くなったデザインのものがあります。フライラインの力が効率よく伝わるのでフライをコントロールしやすいという利点があるようです。
またバット部とテーパー部が細い糸を編んだブレイディッドでできているものもあり、ブレイディッド部分が沈む(シンキングリーダー)というのもあります。どちらも先端にナイロンなどのモノフィラメントを接続して使います。

ノッテッドリーダーは太さの違う糸を何種類か用意して自分で継いで作ることができます。
専用のキットも販売されていますが、案外高価なので釣具の量販店などで販売されている一般的なナイロンの釣り糸を繋いでも大丈夫です。いろいろ太さを変えて作ってみるとリーダーの役割がよく分かります。

長さと太さ

リーダーの長さはft(フィート)で表され、一般的に川では7フィート1/2(約2m30cm)から12フィート(約3m65cm)くらいが使われています。
どれぐらいの長さがいいか、釣り場や釣り方、個人差があるので一概には言えませんが、フライフィッシングはフライラインの重さで軽いフライを目的のところに運ぶので、フライをコントロールするためにはロッドの先端からある程度の長さのフライラインが出ていることが重要になります。
長い短いによる特性は次のようになります。自分のやりたいことに当てはめて選んでください。ただし、フライフィッシングを始めたばかりでキャスティングがうまくできない場合は9フィート以下の短いものが扱いが楽です。

●短めのリーダー(7ft~8ft以下)
短い距離を釣る場合でもロッドの先端からフライラインが出ているのでフライを狙ったところにコントロールしやすく、狭いポイントの魚を狙うのに適しています。風の影響も受けにくく、リーダーのトラブルが少ないのもメリットです。
デメリットとしては、フライラインからフライまでが直線になりやすい分、フライラインやリーダーが流れに引かれてフライの動きが不自然になることがあります。これを「ドラグがかかる」と言い、ドライフライ(水面に浮いたフライ)で釣る場合魚が警戒する大きな要因とされます。これらの理由から短めのリーダーは比較的小さな渓流で多用されます。


●長めのリーダー(10ft~11ft以上)
長いリーダーはフライラインの力が伝わりにくく弛んだ状態で水面に落ちるので、フライラインやリーダーが流れに引かれても弛みが吸収してフライの動きが不自然になるのを防いでくれます。
反面、短い距離を釣る場合はロッドの先端から出るフライラインが短いのでコントロールしにくくなります。また風の影響を受けやすく、ピンポイントを狙うことは苦手です。長いリーダーは比較的大きな川やゆったりした流れで多用されます。

太さの基準

先端(ティペット)の太さで区別されます。
この太さの単位であるX(エックス)も、AFTMA規格によって定められていて、AFTMAがなくなった現在もほぼこの基準で使われています。
Xは数字が大きくなると細くなります。一般的に淡水(川や湖)で使われるのは0Xから8Xくらいで、日本の釣り糸の太さの単位である号(ごう)やミリ、耐えられる重さに換算すると次の表のようになります。

┏━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┓
太さインチ表示・・ミリ表示号数表示およそ耐える重さ(ポンド)
┣━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━┫
0X0.0110.28mm3.0号14lb(約6.3kg)・・
┣━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━┫
0.0100.25mm2.5号12lb(約5.4kg)・・
┣━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━┫
0.0090.23mm2.0号10lb(約4.5kg)・・
┣━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━┫
3X0.0080.20mm1.5号・・8lb(約3.6kg)・・
┣━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━┫
4X0.0070.18mm1.0号6lb(約2.7kg)・・
┣━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━┫
5X0.0060.15mm0.8号4lb(約1.8kg)・・
┣━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━┫
6X0.0050.13mm0.6号3lb(約1.4kg)・・
┣━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━┫
7X0.0040.10mm.4号2lb(約0.9kg)・・
┣━━━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━┫
8X0.0030.08mm0.2号│1.5lb(約0.7kg)・・
┗━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┛

最近は9X 10X、11Xなどという細いものがありますが、一般的に8X以下はメーカーによって太さがバラバラで、メーカーによっては上記の8Xよりも太い9Xというのも売られています。
日本の号数表示(太さの基準)のほうがX表示よりも細かく分類されているので、7X以下は0.3号とか0.175号など号数表示で使い分けた方が分かりやすいかもしれません。
0Xより太いものは01X、02Xと数字の前に0がつき、数字が大きくなるほど太くなります。(-1X、-2Xと呼ぶこともあります)

フライのサイズとの関連性

実際に使ってみると分かりますが、太いリーダーに小さいフライをつけるとフライがリーダーの動きに影響されやすくなり、逆に細いリーダーに大きいフライの組み合わせはティペットが切れやすくなります。
リーダーの太さととフライサイズの関係は使用するフライの種類、フックの太さ、ロッドの硬さなどにより変わってきますが、養沢で使うことを考えて大雑把に言うと次のような感じです。

フライサイズが#14・#16で6X、#18前後で7X、#20以下で8X

バット部の太さ

メーカーやモデルによってまちまちです。一つの目安としてドライフライ用、へビーテーパーなどと表示されているものはバット部が太くフライのコントロールがしやすいもの、ニンフ用、スローテーパーなどと表示されているものはバット部が細めでフライが自然に流れやすくしているものです。
またバット部に扁平のモノフィラメントを使ったフラットバット・リーダーや蛍光色をつけて見やすくしているものなど各メーカーからさまざまなものが販売されているので自分にあったものを見つけてください。

リーダーはこんなパッケージで販売されています。
左:蛍光色に色づけされたものでスローテーパーと表記されています。フライを沈める場合や空気抵抗が少ないフライに適します。7・1/2ft 6X

中央:バット部とテーパー部のみ茶色に着色されています。ややハリがあるので空気抵抗の大きなドライフライでも使いやすでしょう。9ft 6X 

右:もっともポピュラーな全体が無色透明のリーダー。このモデルはしなやかなので小さなフライに使いやすいでしょう。8ft 7X

右端:リーダーを何枚も収納しておくワレット。あれば便利です。

リーダーの交換の目安

リーダーはどれぐらいの期間使えるのでしょうか?
ティペットだけ交換して1シーズン使う人もいますが、使っているうちに巻き癖が取れにくくなり、表面がざらついて絡みやすくなるので、何回かの釣行ごとに交換したほうがトラブルは少なくなります。
ほかにも、蜘蛛の巣、木や草に掛けたときのスレ、結び目などもリーダーを痛める原因なので時々点検してください。

ティペット

ティペットとはリーダーの先端部のテーパーがない部分のことを言います。
普通はリーダーと継ぎ目がない状態なので分かりにくいですが、パッケージなどに長さが記されているものもあります。
フライはこのティペットに直接結びます。フライを交換するたびにティペット部は短くなるので別の糸を継ぎ足しながら使います。継ぎ足す糸のこともティペットと言います。
ティペット専用のものが販売されていますが、太ささえ合わせれば一般の釣り糸が使えます。太さはリーダーの基準と同じなのでリーダーの表を参照してください。


中央の2つはティペット専用として販売されているもので、太さはXで表示されています。上が7X、下が4X。


左側の2つは量販店で購入した一般的な釣り糸です。号数で表示されていますがXに換算すると、上が0.2号なので8X相当、下が0.8号なので5X相当ということになります。
一般的な釣り糸には硬いもの、しなやかなものなどティペットより選択肢が広く、ティペット専用のものに比べて半額以下のものもあります。


右端は何種類かのティペットをまとめて収納しておくディスペンサー。専用のスプールに巻き替えて収納するタイプです。


リーダーの長さを一定に保つには

ティペットの長さによってリーダーの全長が変わるので、どれぐらい短くなったのか判断しにくいときは最初からティペット部を切り取って、別のティペットを継いでおくと良いでしょう。こうすれば継ぎ目から下何センチがティペットとすぐに分かります。


ティペットが短いと切れやすく、逆に長すぎるとフライのコントロールが難しくなります。
適当な長さは使うタックルや狙うポイントで変わりますが、40cm~60cmくらいは欲しいところです。
ティペットとリーダー側との太さの差が大きいと細いほうが簡単に切れます。差が大きいときは間に20cm~30cm別の糸(太目のティペット)を挟むといいでしょう。
ティペットを交換するたびリーダーは短くなるので、太目のティペットも用意しておいたほうが便利です。






養沢で使うリーダーとティペットの目安

#3~#4のフライラインで#14~#18のドライフライ(水面に浮くフライ)を使うことを前提にすると、リーダーは8ft~9ftの長さで、太さ6Xまたは7Xが使いやすいでしょう。ティペットはそれに合わせたもので、ティペット専用糸に限らず一般的な釣り用ナイロン糸(号数表示)でも大丈夫です。
ニンフフライの場合はティペットをやや長めにする場合が多いので、リーダーそのものはバットをカットしたり少し短めにします。
また、大き目のフックや太い軸のフック(ヘビーワイヤー)は、魚の口に掛けるのに強い力が必要になるので、ティペットを1段、2段太いものを使います。

※リーダーの長さは、考え方や釣りのスタイルで長くしたり短くしたり、いろいろなやり方があります。
それぞれ長所と短所がありますので、まずは、いつも同じ長さで自分の基準を作ることが大事です。