一部の画像はクリックすると拡大します。

フライフィッシング・タックル(フライフィッシング専用釣具)

フライフィッシングは他の釣りと違って、軽いフライ(毛ばり)をフライライン(糸)の重さを利用して遠くに飛ばします。
そのためフライラインは一般的な釣り糸よりも太く重く、適度な硬さを持っています。フライラインの重さをうまく活かすためにフライフィッシング専用のロッド(竿)があり、フライラインとのバランスで組み合わせます。(フライラインにはおおよその基準があり、○番または#○というように番手で表されます)
自分が釣りたい魚、フィールド(釣り場)、釣り方にによってフライラインの重さ(番手)は変わるので、渓流のヤマメから海の大型魚まで釣りたいと思ったら、何種類かのフライラインとそのライン番手に合わせた何本かのロッドが必要ということになります。

実際に釣場に行って釣りをしようと思ったら、最低限必要なのが下のイラストにあるように、ロッド(竿)・リール・フライライン(フライ専用糸)・リーダー(先糸)・ティペット(ハリス)・フライ(毛ばり)です。この一式をフライフィッシング・タックル(一般的にはタックルと略します)と言います。
タックルは非常に幅が広いので、ここではフライフィッシング全体のことに触れながら、当釣場(養沢毛鉤専用釣場)で使うことを前提にしたものを説明をします。もちろん同程度の渓流ならどこでも使えるタックルです。

ロッドからフライまで



  詳しくはこちら(別ウインドウで開きます) ロッドLinkIcon_リールLinkIcon_フライラインLinkIcon_リーダーLinkIcon_ティペットLinkIcon_フライLinkIcon

タックルの簡単な説明

ロッド(竿)、リール、ラインの組み合わせはこんな感じです。
リールから引き出されたフライラインはガイドを通りトップガイドから出されると、先端にリーダーと呼ばれるテーパーがついた糸がつけられます。リーダーの先端部分はティペット(ハリス)と呼ばれ、ここに直接フライを結びます。ティペットは新しいリーダーでは結び目がない状態でつながっていますが、フライを交換するとどんどん短くなるので新たに別のものを結んで使用します。
フライフィッシングでは、フライラインとリーダー、リーダーとティペット、ティペットとフライなど、すべて手で結ぶことを基本とします。一日中釣りをすると何十回も結ぶことがあるので、ラインの結びは川に行く前に覚えておいたほうが実際に釣りをする時間が長く取れます。ラインの結びで詳しく説明します。      ラインの結びLinkIcon(別ウインドウで開きます)

養沢で使いやすいタックルは・・

イラストの□で囲まれたフライロッド、リール、フライライン、リーダー、ティペット、フライは別項で詳しく解説しますので、そちらをご覧いただければどんなものを選べばいいかおおよその見当がつくと思います。
フライフィッシングは、「なぜだろう?」「どうすればいい?」「こうしてはどうだろう?」と疑問点を見つけて自分なりに解決していくことの積み重ねなので、面倒でもロッドとフライラインの関係やリールの役割、リーダーの機能などひとつずつ理解していくことをお勧めします。

それでも、もっと簡単に・・という方には、フライロッド・リール・フライラインなどがセットになったものがいくつかのメーカーより販売されています。しかし安価なものの中には、とりあえずフライフィッシングの格好だけはできる・・という程度のものもあって、買ってしまったけど使いにくい、いつまでたっても上達しない、ということにもなりかねません。
選ぶコツは、なるべく知識が豊富なフライフィッシング専門店で相談する、雑誌やネットなどで情報を得るなどです。

とりあえずこれで楽しさを実感してから徐々に欲しいものを増やしていく、というのもひとつの方法です。

タックル以外に必要なもの

これらのタックルのほかに、フライを浮かせるための浮力剤やティペット(ハリス)などの小物、帽子やベストなど安全に釣りをするために必要なもの、長靴(ウェーダー)やベストなどあれば便利なもの、楽しみを広げるフライを作るツール(道具)やマテリアル(材料)などはそれぞれ別のページでご案内します。少しずつ覚えていってください。