フィールドに出る前に

基礎編を一通りご覧いただいて、フライフィッシングのことを少しご理解いただけたでしょうか。
フライフィッシングは、ただ単に効率よく魚を釣る釣りとは違い、難しいキャスティングや面倒なタイイングをクリアーし、どう魚を釣るかの計略を楽しむようなところがあるので、「シンプルに魚を釣る」ことから考えると、なかなか理解しにくい点があったと思います。

ここから先は、フィールドに通いながら他の釣り人を見てご自身で積み重ねるのも良いですし、実践編のヒントをご覧いただいてからフィールドに出ても良いと思いますが、フィールドに出る前に頭に入れておいた方が良さそうなことを拾い上げてみましたので、参考にしてください。

一度も魚を釣ったことがなかったら

エサ釣りやルアーなどで魚を釣ったことがなく、初めての魚釣りがフライフィッシングという場合は、正直フライフィッシングはかなりハードルが高いものになります。
なぜならフライフィッシングは、ハリに餌を付けて魚を釣る「エサ釣り」よりもはるかに難しいうえに、手間もかかり、タックル類も比較にならないほど高価だからです。
もし時間に余裕がおありなら、フライフィッシングを始める前に一度エサ釣りで魚を釣ってみてはいかがでしょうか。当釣場の区間内にもマスの釣り堀がありますし、少し下流の秋川国際マス釣場でもエサ釣りができます。

フライフィッシングよりずっとシンプルなエサ釣りでも、実際にやってみるとなかなか簡単にはいかないでしょう。フライフィッシングはさらに難しいと考えれば、無理にフライフィッシングでなくても十分楽しい・・となるかもしれません。

フッキングを理解する

魚釣りが初めての人が一番難しく感じるのが、魚の口にハリを掛ける「フッキング」という行為だと思います。
魚は流れてきたエサをくわえると、本物のエサかどうか判断し、エサなら飲み込み、異物と感じれば吐き出します。エサ釣りの場合は魚が好む本物のエサを使うため、釣り糸の抵抗を感じない限り飲み込んでくれます。エサ釣りの初心者がほとんどハリを飲み込まれてしまうのはこのためです。
ところがフライ(毛鉤)の場合は、本物の餌と感触がかなり違うので、せっかく餌と勘違いしてくわえてくれても、数秒後には異物と感じて吐き出してしまいます。

これを解消するのがフッキング(「合わせ」とも言います)という動作で、魚がフライをくわえて口の中にあるうちに、ロッドを鋭く動かして魚の口にハリを刺します。
ロッドを動かす力が強すぎるとティペットが切れ、弱すぎるとうまく刺さらないので、魚の向き、フライのくわえ方、フックの大きさ(太さ)、ティペットの太さ、ラインの弛み、流れの方向・早さなどを瞬時に判断してちょうどいい力でフッキングしなくてはいけません。やってみると難しいですが、何度も失敗を重ねていくうちに徐々に理解できると思います。

魚がフライを吐き出す状態と、フッキング

①くわえたものがエサと違う感触(異物感)だと、多くの場合モグモグしたあとに吐き出します。

②くわえたときに釣り糸の抵抗があると、口に入れたものを吐き出します。

「ペッ!」と言うかどうかは別にして、植物片などを口に入れたときも同様に吐き出します。

これがフッキングです。フライが口の中にある状態でロッドを鋭く動かしてラインを引き、魚の口にハリを掛けます。

「ドライフライ」を勧める理由

このWEB版フライフィッシング・スクールでは、養沢でフライフィッシングを覚える最初の段階はできるだけドライフライを使うことを推奨していますが、なぜドライフライが良いのか少し説明します。

ドライフライを使うメリット
①フライが見える
・フライが見えることで、流れの速さや方向などを把握しやすい。
・ドラグ(フライがリーダーに引かれて不自然な流れ方をする)を目で確かめられる。
・狙った位置にフライが落ちたかどうか、うまく流れているかどうかを確認できる。
・水面上という2次元の動きなので、フライをコントロールしやすい。
②フライが軽い
・リーダーにインジケーターやオモリなど余計なものがついていないのでキャスティングがしやすい。
・リーダートラブルが少ない。
③魚が水面でフライをくわえる
・魚がフライをくわえるのが見えるので、フッキングのタイミングを掴みやすい。
・魚が水面に出てきてフライをくわえるには一定の条件が必要になるので、ライズや水面の様子、水温などに関心を持ちやすい。
・釣れたではなく、釣ったという実感が強い。

デメリットとしては、フライが沈まないように手入れが必要なこと、キャスティングにしてもドリフト(フライを流す)にしてもある程度の技術が必要なことなどが挙げられますが、フライフィッシングは手間と難しさを楽しむと思えば、このようなデメリットはすべてメリットになります。

インジケーター&ニンフはお勧めしません

一時期入門者を対象にしたフライフィッシング・スクールでは、止水でも渓流でもインジケーター(目印)を使ったニンフフィッシング(インジケーター・フィッシング)が当たり前のように行われていました。
最近は渓流では少なくなっているようですが、このインジケーターフィッシング、実はこれから渓流でフライフィッシングを覚えようという人にとっては、あまりお勧めできない理由があります。

①キャスティングが難しい
・ただでさえ難しいキャスティングが、インジケーターの重さとフライの重さでさらに難しいものになります。
・ラインやフライをコントロールしにくいので自分を釣ってしまったり、周囲の人にも危険が及びます。
・フライキャスティングが上達しにくい癖がついてしまうこともあります。

②フライの位置が予測しにくい
・水中のフライは上下左右動くので、インジケーターから下の状態が把握しにくく、特に複雑な流れではフライの位置を予測できません。下のイラストをご覧ください。実際にこんな状態で「釣れない」と言っている人が案外たくさんいます。(画像はクリックすると拡大します)

・・・


③情報をインジケーターだけに頼ってしまう
・魚がフライをくわえた瞬間を逃すまいとインジケーターばかりを見つめることで、ライズや魚の気配、風や水温の変化などに注意がいかなくなります。インジケーターの脇でボコボコライズしている光景を見かけることがありますが、その状態ならドライフライを落とした方が確率はずっと高いはずです。

④魚の都合で釣れてしまう
・たくさん魚がいる管理釣り場では、目の前に放り投げておけばどれかの魚がフライをくわえてくれることがあります。これでもいいという方は否定はしませんが、フライフィッシングはもっとドキドキする釣り方があります。

ルールとマナーを頭に入れておきましょう。

当釣場のルールとマナーはこちらLinkIcon

初めてのときのお勧めポイント

初めてフライロッドを持って川に下りるときのお勧めポイントです。行き当たりばったりでなく、事前に情報を仕入れてイメージすることでフライフィッシングの楽しさは増します。
位置はフィールドマップLinkIconを参考にしてください。


②下弁天(したべんてん)  
管理事務所のすぐ上流です。足場も良く魚の密度も高いので初めての方が釣りやすいポイントです。
ウェーダーがなくても大丈夫です。
(釣り人が多いので、キャスティングの際は後方に注意してください)







⑫早淵〜⑬平和橋上流
木和田平駐車場からすぐです。ウェーダーがなくても釣れるポイントが多く、魚の密度も高いです。トイレやベンチもあるのでこの間を行ったり来たりしながら1日過ごすのも良いでしょう。








⑮栗の木〜⑰ポンプ小屋
旧遠藤商店脇に3〜4台の駐車場があるほか、下流の神谷駐車場、上流の西平駐車場から歩いてもたいした距離ではありません。
ウェーダー無しでも岸伝いに移動できる距離が長いので、変化に富んだポイントを楽しむことができます。