ロッドの持ち方

「川と魚から学ぶフライフィッシング」・・というサブタイトルにもかかわらず、ロッドの持ち方までとやかく言うのは抵抗があります。
ほんとうは自分が持ちやすい方法でどうぞお好きに!と言いたいところですが、好き勝手にやってもできるならこのWEBサイトはいらないということになりますので、最もスタンダードと思われる一般的な方法を紹介します。
この方法は、これまでフライフィッシングの歴史の中で、キャスティングのしやすさ、ロッド操作のしやすさなどを考慮して考えられた方法です。

前ページでご案内した「代用品グリップ」でやってみてください。

●サム・オン・トップ


 横から見るとこんな感じ         上から見るとこんな感じ

文字通り親指をグリップの上に置く持ち方で、繊細な近距離のキャストからパワーが必要なロングキャストまで対応できるので多くの人がこのやり方をしています。小指、薬指、中指でロッドを保持して、フォワードキャストは親指で押し、バックキャストは人差し指で引く感じになります。


コツは小指、薬指、中指でロッドを保持して、親指と人差し指は添える感じに。親指と人差し指に力が入ると肩に力が入ってしまうので注意してください。手首が窮屈な感じですが、手首が勝手に動いてロッドが不安定にならないように閉じた状態(左の写真)に慣れておきましょう。

持ち方を横から見るとこんな感じです。小指から中指の付け根(やや掌側)にロッドを置きます。

小指、薬指、中指の3本でロッドを保持します。

親指と人差し指を軽く添えます。(力は入れない)

●インデックス・フィンガー・グリップ


人差し指をロッドの上に置く持ち方で、ロッドをコントロールしやすいので正確なキャスティングが必要な渓流で使う人が多いようです。
サム・オン・トップに比べてロッドを保持する力が弱いので、高番手のロッドやロングキャストには不向きとされますが、手首が開きにくいので初めてキャスティングする人はこっちの方がうまくできる場合があります。
真上からロッドを掴むような感じで持ちます。

●エクステンデッド・フィンガー・グリップ




上のふたつのちょうど中間のような持ち方です。親指と人差し指でロッドを挟むような感じから、V字グリップなどとも呼ばれます。高番手のロッドやロングキャストに有利と言われ、距離を競うトーナメントキャスティングなどでも使用されているようです。

●こんなグリップは・・・

3種類の中ではサムオン・トップが一番多く、次がインデックス・フィンガー・グリップ、エクステンデッド・フィンガー・グリップの順でしょうか。ほとんどの人がこの3種類のグリップのどれかに当てはまります。
タックルをどう使いこなすかは人それぞれなので、持ち方を自分なりに工夫するのも良いと思いますが、フライキャスティングを理解しないうちにオリジナリティにこだわるのは無理があります。
上の3種類が多くの人に支持されているということは、持ちやすいとも言えるわけですから、とりあえず一つは覚えておいてください。

実際の釣場で釣りを重ねていくとグリップもキャスティングも知らないうちに自分なりの形に変化していきます。それを「変な癖」と捉える方もいますが、みんなが同じにする必要はないので楽しい個性と捉えればいいのです。

こんなグリップで頑張るのもご自由ですが・・

●我流のグリップ

数年前フライフィッシングを教えることになって、自分のグリップを確認してみたら上の3つのタイプとはちょっと違っていました。(右画像)

一時は意識してサム・オン・トップに変えたりしましたが、気付くと戻っています。きっとこっちのほうが楽なのでしょう。
このグリップは、ロッドを左右に振る(カーブキャストやリーチキャストをする際など)のに非常に都合が良く、バックハンドやサイドキャストなどでも楽にできます。
ずっと我流だから今でもこんな持ち方していますが、どこかのフライフィッシング・スクールに参加していたらきっと矯正されてしまったでしょうね。