キャスティングの準備

キャスティングやライン操作を行う前に、タックルをセットしてフライラインをガイドに通します。リールのセットの仕方、ラインの通し方を説明します。

リールをセットしてフライラインをガイドに通す


ロッドにリールをセットします。(LinkIconタックルの項参照
フライラインをリールに巻いたとき、左右どちらの手でリールを巻くか決めているはずなので、その通りにリールをロッドにセットします。
フライラインの先端にリーダーも付けておきます。(LinkIconリーダーを結ぶ
フライロッドにリールを固定する方法はいくつかあります。写真は渓流で使われるロッドに多いタイプで「リング&ポケット」とか「リング&キャップ」などと呼ばれます。リールの片脚をキャップのポケットに入れて、もう片脚をスライド式の金具で止めます。
他にスクリュー式の金具で止めるタイプ、二つのスライド金具で止めるタイプなどがあります。










リールがきちんと固定されたらリールからラインを引き出します。
ラインの先端にリーダーがつけられている場合は細いリーダーがフライラインの中に食い込んでしまうことがよくあるので、リーダーを強く引かずにリールのスプールを少しずつ逆回転させながらフライラインを出してください。















ロッドのガイドにラインを通すときは、フライラインの先端3〜4cmほどをこんな感じで折り返して通すと途中で指が離れても抜け落ちることはありません。リーダーがついている場合は引き抜くときにガイドに引っ掛からないように注意してください。
(ガイドはタックルのページを参考にしてください。フックキーパーには通さないように。)


すべてのガイドにラインが通ったら完了です。

リーダーの先端に毛糸を結ぶ


フライラインがガイドに通ったら、リーダーを付けて(LinkIconリーダーの結び)、ーダーの先端に2cmほどの毛糸を結んでください。(写真ではリールをロッドに装着していませんが、毛糸を先に結ぶとガイドを通りにくくなるので、ロッドに装着してフライラインをガイドに通してから結んでください。)
これでフライと同じような空気抵抗になるので、練習の際のラインの動きは実際の釣りに近い物になります。
毛糸の色を赤やオレンジなど目立つ物にすれば動きがよくわかります。

ライン操作

フライフィッシングではキャスティング中も釣りの間も、ラインを出したり止めたり、送ったり手繰ったりの操作をすべてロッドを持つ手と逆の手で行います。(ここでは右利きを前提にして「左手」とします)
フライラインは状況に応じて絶えず長さを調整する必要があるので、この左手の動きはとても重要になります。
どんな状況のときにどんな操作をすればよいか簡単に説明します。

●ラインがガイドに通ったら




①よし!ガイドにラインはすべて通った・・
②さあ、キャスティングをするぞ!
③あれ!? せっかく通したラインが抜けてくる!
④あわわわわっ!
⑤あ〜ぁ、全部抜けちゃった! 



ロッドを立てるとラインはトップガイドを境にして重い方に引っ張られます。
タックル・フライラインのページで説明したように、フライラインにはテーパーが付いているので先端よりも元の方が重くなり、イラストのようにトップガイドから出ているフライラインが短い状態でロッドを立てると、ラインは簡単に抜け落ちてしまいます。


これを防ぐには、ロッドの先端を水平より下にしているか、左のイラストのようにリールから出たフライラインとリーダーをしっかりと手で握り込むことです。これならロッドが動いても抜け落ちることはありません。
ただし、フライが付いているときこの方法でリーダーを抑えると、ラインが障害物などに掛かって引っ張られたときにフライが手に刺さってしまいます。フライをつけての移動は「フィールドに出る前に」のページで説明します。

●ラインを止める・出す・引く・送る

フライフィッシングでは、ラインを出すのも止めるのも、引くのも送るのもほとんど手で行うと説明しましたが、普段はラインを止める、緩めるはロッドを持つ右手(右利きを前提と)の指で行い、引く、送るはロッドを持つ反対側の左手で行います。
慣れてくるとキャスティング中は左手でラインを止めるようになりますが、慣れるまでキャスティング中も右手の指でラインを止めるようにします。

ラインを止める、出す操作


このようにロッドを持つ手の指の一本を利用してラインを挟み込みます。(普通は人差し指を使います)
人差し指をグリップに押し付ければラインは止まり、緩めればラインは出ます。魚に引かれているときやキャスティング中にラインが引かれる状態では、人差し指をしっかりと押し付けていないとラインはどんどん出てしまいます。
魚の引きが強く、ティペットが切れてしまいそうなときはこの人差し指を押し付けたり、緩めたりしながら魚とファイトします。

基本的な動作なのでタックルをお持ちでなかったら、代用品グリップや代用品ロッドでやってみてください。

ラインを引く、送る操作


ラインを引くときはこのように右手(右利きを前提)の指でラインを挟んだ状態で手繰ります。
ラインを引くときは挟む力を緩め、左手を持ち替える(ラインから手が離れた状態)では、右手の指でラインを押さえ込みます。
ラインを送るのはラインが引かれていることが条件になりますが、右手の指を緩めてラインをフリーにし、左手でテンションを調整しながら送り出します。


左:右手の指でラインを抑えていなかった状態でラインを引くとこうなります。どんなに手が長い人が頑張ってもこれ以上は引くことができないでしょう。
これでは魚がヒットしたときにどうしようもありません。


右:右手の指にしっかりラインが掛けられている状態です。これなら左手でのラインの持ち替えも簡単にできそうですね。

●ラインを長く手繰るときの操作

ラインを右手の指に掛けてから手繰り始めます。

斜め前から見るとこんな感じです。

どんどん手繰っていってラインが長くなったらこんなふうに輪にして持つとトラブルが少なくなります。