ロールキャスト

ロールキャストはバックキャストなしでラインを前方に延ばすことができる非常に便利なキャスト法です。
渓流ではバックが取れないことの方が多いので、覚えておくといざというとき狙える範囲がぐんと広がります。
全体像をイラストに沿って説明します。
(※ロールキャストは水面の接水抵抗を利用してロッドの反発力を生み出すので、前方が水面でないとうまくできません。)

●ロールキャストのスタート

まず前方の水面にラインを置きます。次にロッドをゆっくり立てて、釣り人側から見て1時くらいの位置で止めます。イラスト②のようにロッドティップから垂れ下がったラインが釣り人より後ろに止まったらスタートします。

●キャストする

下のイラスト①の状態から、一気に③までロッドを振ります。ロッドは②のように曲がり、ピタッと止めることでフライラインは前方にロールを描きながら伸びていきます。

●ラインが伸びていく感じ

上のイラストの③のあと、ロールはこんな感じで伸びていきます。ラインが伸びきりリーダーが伸びたところがフライの着水点になります。

●ロールキャストの動き

ロールキャストがどんなものかおおよそイメージできましたか。では実際の動きをモデルでやってみます。

スタート時の腕の位置です。上腕は水平近くまで上げ、肘はほぼ直角、前腕は垂直に近い角度になります。      

前から見るとこんな感じです。自分を釣ってしまわないように、やや外側にロッドを傾けます。フライ(練習時は毛糸)の位置は自分を中心にして右側にあるようにしてください。

※参考 フライ(練習時は毛糸)が自分の正面より左側にあるときは、このようにバックハンドでキャストします。

ロッドを前方に振って、ストップさせる位置です。これぐらいの位置で止めるつもりでも、実際は水平近くまでロッドは倒れます。

●腕の動き

腕の動きと力の入れ加減を説明します。

①スタート時。ロッドと手首の角度はこんな感じに少し開いています。ここから肩を回す感じで肘を下げていきます。

②親指でロッドを押すように「ビュッ!」と素早く振り下します。肘が伸びてしまわないように注意してください。

③最後に手首を閉じてロッドを急激にストップします。ストップするときはグリップを強く握る感じです。

④フィニッシュはこんな感じ。

力の入れ加減は金槌で目の前の釘を強く打つように。

釘に当たる瞬間にグリップを強く握って止めます。

●うまくできなかったら

こんなふうになっていませんか? 

腕が縮んでしまっていると、フィニッシュまでのストロークが小さくなり、ラインに伝わるパワーが足りなくなります。(ラインが伸びにくくなります)

スタート時に手首が開きすぎるとロッドは思ったよりも倒れてしまいます。この状態でスタートするとロールができないか、空に向かって伸びていくかです。

前に投げたいばかりに、フィニッシュで肘が伸びてしまうとロッドが曲がらず、パワーのあるロールになりません。

腕を前に突き出すだけならまだしも、手首が開いたままだと運動量の割にロッドの先端はあまり動いていないことになり、ロールを作るパワーが生まれません。

●ロールキャストはあとから覚えても大丈夫!

ロールキャストは水面上でないと練習できないことや、実際のキャストを見ないと分かりにくいので、オーバーヘッドキャストを覚えてからでも差し支えありません。
説明を見てよくわからなかったら、飛ばして次のオーバーヘッドキャストから始めてください。