ストマック情報TOP月ごとの比較/2009年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。
・・・・年ごとの比較/2012年まとめ'11年まとめ'09年まとめ'07年まとめ'06年まとめ'05年まとめ'04年まとめ'03年まとめ

2009年ストマックのまとめ

■2009年シーズンのストマック内容物(魚が食べていたもの)をまとめたストマックチャートです。
 サンプルは、基本的に水生昆虫のハッチを意識しながら採取しましたが、時間帯、釣り方、狙う魚によって食べている物が違い、魚はハッチしてい
 るものを優先的に食べているとは限ならいので、ストマック内容物が必ずしもハッチと一致しているわけではありません。


■採取したサンプルを、シャーレ内の個体数と個体が含まれた回数でおおよそつぎのように分類しました。分類は大雑把です。
・・なし‥‥空白・・少‥‥・・‥‥・・やや多い‥‥・・多い‥‥


■虫の形態   ・カゲロウ類       N‥‥ニンフ(幼生)   D‥‥ダン(亜成虫)   S‥‥スピナー(成虫)                 ・カワゲラ類       N‥‥ニンフ(幼生)   A‥‥アダルト(成虫)                              ・トビケラ/ユスリカ類  L‥‥ラーバ(幼生)   P‥‥ピューパ(蛹)   A‥‥アダルト(成虫)                  ガガンボ類                                                             ・ブユ/オドリバエ類   L‥‥ラーバ(幼生)   A‥‥アダルト(成虫)

2009年 ストマックのまとめ

上中下は上旬、中旬、下旬の略です。     

┏━━━━━━━━━━━┯━━━┳━━━┯━━━┯━━━┯━━━┯━━━┯━━━┯━━━┯━━━┓
┃  虫の分類     │形 態┃ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│10月┃
┃           │   ┃上中下│上中下│上中下│上中下│上中下│上中下│上中下│上中下┃
┣━━━━━━━━━━━┿━━━╋━━━┿━━━┿━━━┿━━━┿━━━┿━━━┿━━━┿━━━┫
コカゲロウ類     │ N ┃●●
┃           │D・S┃● 
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
フタオカゲロウ類   │ N ┃○ │   │  │  │   │   │   ┃
┃           │D・S┃   │   │   │  │   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
トビイロカゲロウ類  │ N ┃● │   │ │ │  │   │
┃           │D S┃│   │   │ ●●│   │ │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
ヒラタカゲロウ類   │ N ┃・・●●●● ○○
タニガワカゲロウ類  │D S┃○  │   │   │ │   │  │   │  
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
ヒメカゲロウ類    │ N ┃   │   │ ○  │   │   │   │  ┃
           │D S┃   │   │   │   │   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
マダラカゲロウ類   │ N ● │  │     ┃
┃           │D S┃   ││   │   │   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
モンカゲロウ類    │ N ┃   │  ○ │ │  │  │  │   ┃
┃           │D S┃   │   │   │   │ │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
チラカゲロウ     │ N ┃  │   │  │ ○ │    ┃
┃           │D S┃   │   │   │   │   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
その他カゲロウ類   │ N ┃  │ ・・│   │   │   │   │   │   ┃
不明カゲロウ類含む  │D S┃   │○  │   ││  │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
オナシカワゲラ類   │ N ┃  │  │   │   │   │   │   │   ┃
クロカワゲラ類    │ A ┃  │   │   │   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
ミドリカワゲラ類   │ N ┃  ・│ ・・│   │   │   │   │   │   ┃
アミメカワゲラ類   │ A ┃   │   │ │   │   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
カワゲラ類      │ N ┃   │   │   │   │   │   │   ┃
フタメカワゲラ類   │ A ┃   │   │   │   │   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
その他カワゲラ類   │ N ┃● │   │
不明カワゲラ類含む  │ A ┃   │ ・・・・│ │   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
┃           │ L ┃○   │  │ │ │ │   ┃
トビケラ類      │ P ┃  │  │  │ │  │   ┃
┃           │ A ┃│  │  ││  │   │  │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
┃           │ L ┃  │  │  │   │  │   ┃
ガガンボ類      │ P ┃ │  │  │   │  
┃           │ A ┃●●・・・   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
┃           │ L ┃・・│  │   │  │
ユスリカ類      │ P ┃●●●●●│ 
┃           │ A ┃│ ・・│   ││ 
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
┃ブユ/オドリバエ類  │ L ┃ │ │   │   ┃
┃           │ A ┃  │  │   │
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
┃陸生昆虫類      │   ┃   │
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
┃水性甲虫類      │   ┃   │   │  │   │   │   │   │   ┃
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
┃貝類         │   ┃   │  │   │   │ │ │ ○ 
┠───────────┼───╂───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┨
┃植物類        │   ┃○○○○●●│ ○○ 
┣━━━━━━━━━━━┿━━━╋━━━┿━━━┿━━━┿━━━┿━━━┿━━━┿━━━┿━━━┫
┃           │   ┃上中下│上中下│上中下│上中下│上中下│上中下│上中下│上中下┃
  ┃  虫の分類     │形 態┃ 3月│ 4月│ 5月│ 6月│ 7月│ 8月│ 9月│10月┃  

┗━━━━━━━━━━━┷━━━┻━━━┷━━━┷━━━┷━━━┷━━━┷━━━┷━━━┷━━━┛

2009年全体の印象

●3月
オープン直後に雪が降って冷え込んだものの、雪が溶けると急に暖かくなって、例年より早くカゲロウ類のハッチが始まりました。中旬にはトビイロカゲロウ、クロツツトビケラなど例年より早くピークを迎えました。


●4月
3月下旬の冷え込みから一転して暖かい日が続きました。ガガンボやオオクママダラのハッチに魚の活性が上がり、川は虫だらけという状況になりました。下旬になると急に冷え込んで期待していたモンカゲロウのハッチはずれ込んでしまいました。


●5月
高速割引のおかげで行楽地はどこも大渋滞になり、養沢は例年より静かな連休になりました。中旬にはモンカゲロウのハッチを期待するも、急な冷え込みでピークを迎えないまま終了してしまいました。

●6月
ヒメカゲロウやナミトビイロなどの極小ハッチに混じって、フタスジモンカゲロウやミツトゲマダラカゲロウなど大型のメイフライもハッチしました。前半は良かったものの、後半は全体的にシビアでした。


●7月
梅雨明けがはっきりしないまま、夏になってしまいました。養沢でも30℃を超す日がありましたが、水温は20℃を行ったり来たり、思ったより上がらずに魚にとっては良い状況でした。

●8月
涼しい夏休みになりました。昼間になっても水温が17〜8℃という日もあり、魚の活性は思いのほか高かったです。下旬になると台風の接近が続き一気に秋の気配が漂い始めました。


●9月
上旬から中旬は極小コカゲロウのハッチが続き、まるで春先のユスリカのようなシビアさに翻弄されました。下旬に入るとコカゲロウ、タニガワカゲロウ。ヒラタカゲロウなどのスピナーが目立つようになり、ピークは徐々に夕方に移動していきました。


●10月
ヤマメが禁漁になり各ポイントで産卵行動が見られました。例年ならヤマメは釣りにくくなりますが、今年はヤマメがたくさん釣れてしまったようでした。特に夕方はライズだらけになることもありました。

●全体
大きな増水や減水がなく、夏が涼しかったおかげでシーズンを通して良い状況が続きました。ここ数年ではヤマメの状態が最も良かったシーズンだったと思います。

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|