ストマック情報TOP月ごとの比較/2011年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。
・・・・年ごとの比較/2017年3月'14年3月'12年3月'11年3月'09年3月'07年3月'06年3月'05年3月'04年3月'03年3月

2011年 3月3日(木) 採取場所:②下弁天

天候/晴れ  川の気温/5℃  風/やや強  水量/やや少  濁り/なし  水温/5℃  水のPH/7.4  


11時頃から2時半頃まで、下弁天で採取しました。
急激な冷え込みと冷たい北風のせいで、前日までのライズが嘘のように静まりかえっていました。
流れの弱い下流部でライズを待っていると、ユスリカがポツポツとハッチを始め、所々で散発ライズが始まりました。
フライサイズ#26〜#30の超シビアなライズを狙って、やっと1尾採取することができました。

ヤマメ1 ②下弁天       ユスリカ・ラーバ・ピューパ・アダルト/カワゲラ・ニンフ

ヤマメ             ヒレが尖っていますが、養沢生まれにしては大きいので、昨秋上流で稚魚放流されたものかもしれません。

拡大1             中央やや左上の茶色っぽいのはたぶんクロカワゲラのニンフです。この時季水面に浮き上がってしまったニンフがヤマメに良く食べられています。右下にもいるようです。

拡大2             黒く固まっているのはすべてユスリカです。ピューパがほとんどで所々にアダルトが混じっています。ユスリカはアダルトが団子状になて流れることがありますが、どうやらこれは1匹1匹食べたみたいです。

2011年 3月8日(火) 採取場所:⑬平和橋

天候/曇り時々晴れ  川の気温/7℃  風/微風  水量/やや少  濁り/なし  水温/5℃  水のPH/7.3  


1時半過ぎから2時半頃まで平和橋で採取しました。
前日に降った雪が所々に残っていても思ったほど寒くなく、ライズがたくさんありました。
まだユスリカがメインでしたが、サイズさえ合えば案外簡単にくわえてくれました。
冬を越したと思われるニジマスが水面の流下物に反応し始め、極細ティペットでは少し辛くなりました。

ヤマメ1 ⑬平和橋       ユスリカ・ピューパ・アダルト

ヤマメ2 ⑬平和橋       ユスリカ・ピューパ・アダルト・シャック(抜け殻)

ヤマメ3 ⑬平和橋       ユスリカ・ピューパ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/クロカワゲラ・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

ニジマス1 ⑬平和橋      ユスリカ・ピューパ・アダルト/クロツツトビケラ・ケース/他少量の藻と消化されて判別不能なもの

2011年 3月29日(火) 採取場所:①事務所下、②下弁天

天候/晴れ  川の気温/14℃  風/微風  水量/やや少  濁り/なし  水温/8℃  水のPH/7.4  


1時頃から3時頃まで事務所下と下弁天で採取しました。
ようやく春っぽい陽気になりました。
10時過ぎからポツポツとメイフライのハッチが始まり、昼過ぎにはピークに。
それにつられて魚たちのライズが激しくなり、3時頃まで続きました。
夕方は再びユスリカのハッチに変わり、事務所下は1日中ライズの雨状態でした。

ニジマス1 ②下弁天      ヒメフタオカゲロウ類・ダン/トビイロカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ・アダルト/ガガンボ・アダルト/他消化されて判別不能はものと少量の藻

ニジマス2 ②下弁天      ユスリカ・ピューパ・アダルト/オオヤマカワゲラ・ニンフ/ヒメフタオカゲロウ類・ダン/コカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

ヤマメ2 ②下弁天       トビイロカゲロウ・ニンフ・ダン/ガガンボ・アダルト/ユスリカ・ピューパ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

ヤマメ2 ②下弁天       ユスリカ・ピューパ・アダルト/トビイロカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸

ヤマメ3 ①事務所下      ユスリカ・ピューパ・アダルト/クロツツトビケラ・アダルト/トビイロカゲロウ・ニンフ/ブユ・ラーバ/ヒメフタオカゲロウ類(?)・ダン/極小甲虫/他アリマキなど

ヤマメ4 ①事務所下      トビイロカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ・アダルト/クロツツトビケラ・アダルト/他消化された残骸

ニジマス1の魚

ヤマメ3の魚

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|