ストマック情報TOP月ごとの比較/2011年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。

・・・・・・・・年ごとの比較/2017年5月2014年5月2012年5月'11年5月'09年5月'07年5月'06年5月'05年5月'04年5月'03年5月

2011年 5月6日(金)採取場所:⑯神谷遠藤前周辺

天候/曇り  川の気温/16℃  風/微風  水量/増水  濁り/なし  採取場所の水温/11.4℃  水のPH/7.7 


1時頃から4時頃まで、神谷周辺で採取しました。
ゴールデンウィークの混雑で魚はスレ気味、フライをじっくり観察してUターンしてしまう魚が続出しました。
フライをとっかえひっかえ苦戦しているところに放流がやってきて、今度はニジマスが入れ食いに。
釣れすぎるので瀬に移動して、やっと掛けたヤマメはすべてバラシ、結局ニジマスだけのサンプルになりました。

ニジマス1  ⑯遠藤前上流   消化された残骸と藻

ニジマス2  ⑯遠藤前上流   ユスリカ・ラーバ・ピューパ・アダルト/ヒラタカゲロウ類ニンフ/他消化された残骸と少量の藻

ニジマス3  ⑯遠藤前上流   ユスリカ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸と藻

ニジマス4  ⑯遠藤前上流   ヒラタカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なものと藻

ニジマス5  ⑯遠藤前上流   クロツツトビケラ・ケース/ユスリカ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ/カワゲラらしき残骸、植物片と藻

ニジマス6  ⑮栗の木下流   ヒラタカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸と藻

ニジマス7  ⑮栗の木下流   ユスリカ・ラーバ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なものと藻

ニジマス7の魚         #30で水面直下にライズするヤマメを狙っていたら、釣れてしまった隣にいたニジマス。

20011年 5月11日(水)採取場所:②下弁天

天候/雨  川の気温/14℃  風/無風  水量/やや増水  濁り/笹濁り  採取場所の水温/13℃  水のPH/計測せず


2時頃から5時頃まで、下弁天(したべんてん)で採取しました。
強い雨のおかげで濁りが入り、増水で枯葉や小枝などがたくさん流れて釣りにくい状況でしたが、
モンカゲロウのハッチのおかげで魚の活性は高く、フライに良く反応しました。
いつもはスレッカラシが目立つ下弁天のヤマメも、この日はフライを選ばず#14のフライに普通に出ました。
(数が多すぎたのでストマックは一部のみ採取、うち8サンプルのみ掲載します)

ニジマス1  ②下弁天     モンカゲロウ・ダン/フタメカワゲラ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸

ヤマメ1  ②下弁天      モンカゲロウ・ニンフ・ダン/不明カワゲラ・ニンフ/ナミトビイロカゲロウ?・ニンフ/羽化途中のトンボ/コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ・ヘビトンボの幼虫らしきもの/他消化されて判別不能なもの

ヤマメ2  ②下弁天       モンカゲロウ・ダン/チェルノバマダラカゲロウ・ニンフ/不明カワゲラ・ニンフ/ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸

ヤマメ3  ②下弁天      ガガンボ・アダルト/モンカゲロウ・ニンフ・ダン/コカゲロウ?・ダン/ヒラタカゲロウ?・スピナー/ユスリカ・ピューパ/アミメカワゲラ?ニンフ/蟻(アント)/他消化されて判別不能なもの

ヤマメ4  ②下弁天      モンカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・アダルト/不明トビケラ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ・ダン/他消化されて判別不能なもの多数

ヤマメ5  ②下弁天      モンカゲロウ・ニンフ/フタオカゲロウ類・ニンフ/ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ・ダン/不明マダラカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

ニジマス2  ②下弁天     モンカゲロウ・ニンフらしきもの/ユスリカ・ピューパ/他消化された残骸

ヤマメ6  ②下弁天      モンカゲロウ・スピナー/マダラカゲロウっぽいスピナー/他消化された残骸

20011年 5月16日(月)採取場所:②下弁天

天候/曇り  川の気温/22℃  風/微風  水量/平水  濁り/なし  採取場所の水温/13℃  水のPH/計測せず


3時頃から6時頃まで、下弁天(したべんてん)で採取しました。
モンカゲロウのハッチが終盤を迎え、スピナーがたくさんと飛ぶようになりました。
カワゲラやヒゲナガカワトビケラのハッチも目立つようになって、川は虫だらけという状況です。
場所、時間、魚により食べているものが違ったので、一通りやってみたつもりですが、ヒメカゲロウだけは思うように行きませんでした。

ニジマス1  ②下弁天     ナミ?フタオカゲロウ・ニンフ/ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/不明カゲロウ・スピナー/ヘビトンボの幼虫/他消化された残骸

ニジマス2  ②下弁天     蜘蛛/コカゲロウ・ニンフ/マダラカゲロウ類・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他植物片と消化されて判別不能なもの

ニジマス3  ②下弁天     カワゲラ類・ニンフ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・アダルト/小型甲虫/トビケラ・アダルトらしきもの/ヒメカゲロウ・ニンフらしきもの/他消化されて判別不能なもの多数

ニジマス4  ②下弁天     モンカゲロウ・スピナーのみ/産卵に下りてきたモンカゲロウに飛びついていた魚

20011年 5月31日(火)採取場所:⑭神谷橋

天候/曇り  川の気温/17℃  風/微風  水量/増水  濁り/弱い笹濁り  採取場所の水温/12℃  水のPH/計測せず


2時過ぎ頃から3時半頃まで、神谷橋で採取しました。
ドライフライは躊躇するような増水でしたが、濁りはほぼなくなっていたので、あえてドライで釣ってみました。
オドリバエやカワゲラ、ユスリカがたくさん飛んでいて、よく見ると岸際や巻き返しではライズがありました。
流れが速く魚が沈んでいたため、大きめのフライの方が良く反応しました。

ニジマス1  ⑭神谷橋     カゲロウ類・スピナー/ブユ・ラーバ/ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他消化されて判別不能なもの

ヤマメ1  ⑭神谷橋      蜂/虻?/ユスリカ・ピューパ/ナガレトビケラ類・ラーバ/不明トビケラ・ピューパ/他消化された残骸

ニジマス2  ⑭神谷橋     ガガンボ・ラーバ/コカゲロウ・ニンフ/コカクツツ(?)トビケラ・ケース/他消化された残骸

ヤマメ2  ⑭神谷橋      カワゲラ類・アダルト/他消化されて判別不能なもの多数

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|