ストマック情報TOP月ごとの比較/2012年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ

・・・・・・・・年ごとの比較/2017年7月'14年7月'12年7月'11年7月'09年7月'07年7月'06年7月'05年7月'04年7月'03年7月

2012年 7月6日(金)採取場所:②下弁天(上弁天)

天候/曇りのち雨  川の気温/22℃  風/なし  水量/やや多め  濁り/なし  採取場所の水温/17℃  水のPH/計測せず

午後1時半頃から3時頃まで、上弁天で採取しました。
雨が降ったり止んだり、一時強く降りました。
ハッチは小さなメイフライが主体で、ライズは限られた場所だけ、ライズ狙いはなかなかシビアでした。

ニジマス1 2上弁天      コカゲロウ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類ニンフ/他消化された残骸

ヤマメ1 2上弁天       ヒメカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/蟻/他消化されて判別不能なもの多数

ニジマス2 2上弁天      コカゲロウ・ニンフ/極小の蟻/他消化された残骸

ニジマス3 2上弁天      オドリバエ/花?/苔の破片/他消化された残骸

2012年 7月11日(水)採取場所:⑭平和橋

天候/晴れ  川の気温/29℃  風/微風  水量/平水  濁り/なし  採取場所の水温/19.1℃  水のPH/計測せず

午後3時頃から4時頃まで、平和橋の上下で採取しました。
真夏のような厚さで、水温は20℃近くに。魚はたくさん見えるのに反応は今ひとつ。
ハッチもなく、急な水温上昇で魚の活性が下がってしまったようです。
4時過ぎから水面絡みの静かなライズがはじまりましたが、ライズの正体をつかめないまま終了しました。

ヤマメ1 14平和橋       消化された残骸のみ

ニジマス1 14平和橋      マダラカゲロウ類・ニンフ/極小の蟻/他消化されて判別不能なもの

ニジマス2 14平和橋      消化された残骸のみ

ヤマメ2 14平和橋       ユスリカ・ピューパ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/極小の蟻/カワゲラ類・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

2012年 7月17日(火)採取場所:⑱神社下

天候/晴れのち雨  川の気温/30℃  風/微風  水量/平水  濁り/なし  採取場所の水温/20.1℃  水のPH/計測せず

午後3時過ぎから3時半頃まで、神社下で採取しました。
関東地方が梅雨明けになり、この日の気温は30℃を超えました。
それでも意外なほど魚の活性は高くドライフライに良く反応しました。

ニジマス1 18神社下      ブユ・ラーバ・アダルト/極小の蟻/コカゲロウ・ニンフ・ダン?/多消化されて判別不能なもの

ニジマス2 ⑱神社下      極小の蟻/他消化された残骸

ニジマス3 ⑱神社下      ブユ・ラーバ/オドリバエ?/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

ニジマス4 ⑱平和橋      蜘蛛/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/極小の蟻/ユスリカピューパ/他消化されて判別不能なもの

2012年 7月24日(火)採取場所:⑮栗の木、⑯遠藤前

天候/曇りのち晴  川の気温/16℃  風/なし  水量/平水  濁り/なし  採取場所の水温/16.8℃  水のPH/計測せず

午前8時頃から8時半過ぎまで、栗の木と遠藤前で採取しました。
早朝の自販機にはメイフライがびっしり、ライズもたくさんあって夏とは思えない雰囲気でした。
朝は魚の活性も高く、最盛期のような釣りが楽しめます。

ヤマメ1 ⑮栗の木       ブユ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸

ヤマメ2 ⑮栗の木       ブユ・ラーバ・ピューパ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ・ダン/蜂/他消化されて判別不能なもの

ニジマス1 ⑯遠藤前      食べたばかりの蟻のみ

ニジマス2 ⑯遠藤前      コカゲロウ・ニンフ・ダン/オドリバエ/ブユ・ラーバ・アダルト/極小の蟻/他消化されて判別不能なもの

|1|2|3|4|5|6|7|8|