ストマック情報TOP月ごとの比較/2003年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。
年ごとの比較/2012年10月'11年10月'09年10月'07年10月'06年10月'05年10月'04年10月'03年10月・・・・※画像をクリックすると拡大します。

2003年 10月19日(日) シーズンオフの川の様子1

この日は10人ほどの釣り人にご協力をいただいて、4kmの全区間で木や枝にかかった釣り糸を回収しました。ちょうどヤマメの産卵がピークを迎えていて、めったに見られない「産卵の堀行動」も見学できました。

●回収された釣り糸       バレーボールくらいの大きさに集まりました。6月に実施したときよりも多めで、特にインジケーターが増えた気がします。

●宝沢上流の産卵床       直径1m以上もあるので3~4個の産卵床が集まったものだと思います。産卵に適した場所はそう多くはないので、良い場所にはこのように重なることが多々あります。

●早淵の産卵床 囲んだ部分が産卵床。さらにほかにもヤマメのペアがいたので、新たな産卵床を作るようです

●平和橋の直下で堀行動中のヤマメ。 掘っているのがメスで手前がオスです。            

2003年 11月11日(火) シーズンオフの川の様子2

久しぶりの報告です。
養沢の紅葉はピークは過ぎようとしていますが、まだところどころでヤマメが産卵しています。フライフィッシングは水温やハッチする虫など、季節を感じることで楽しみの幅が広がります。静かな流れでリラックスしてライズする魚、たくさんの虫たちと風にそよぐ落ち葉・・・・シーズン中とまったく違う養沢の表情を見にいらっしゃいませんか。

●神谷付近の川の様子      雨で水量が多めです。魚はこのへんから上流でたくさん見られました。事務所周辺の下流域に少なかったのは産卵のために遡上しているからかもしれません。

●リラックスしたニジマス    神社下下流で見つけた大型のニジマス。

●スピナー            エルモンヒラタでしょうか。上空高いところにスピナーが群飛していまし。

●ダン             飛んできたのはヒメヒラタでしょうか?

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|