ストマック情報TOP月ごとの比較/2005年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。
・・・・年ごとの比較/2017年3月'14年3月'12年3月'11年3月'09年3月'07年3月'06年3月'05年3月'04年3月'03年3月

2005年 3月1日(火) 天気:晴れ  水温:3℃~5℃


11時30分から1時30分頃までの約2時間、上流のヤマメ専用区間で採取しました。
朝方はガイドが凍るほどの寒さでしたが、昼近くになりユスリカのハッチが目立つようになりました。
魚はプールや流れの緩いところに溜まっていて、身を伏せて静かにしていると散発のライズが始まりました。フライのサイズが合うと、ゆっくりと水面から口先を出してフライをくわえました。

●ヤマメ1 25石舟       ユスリカ・ラーバ・ピューパ・アダルト/コカゲロウ・ニンフらしきもの/他消化されたもの

●ヤマメ2 25石舟       コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ・アダルト/多消化されたもの

●ヤマメ3 25石舟       ナガレトビケラ・ラーバ/コカゲロウ・ダン/ユスリカ・ラーバ・ピューパ/クロカワゲラ・ニンフ/他消化されて不明なもの多数

●ヤマメ4 25石舟       ユスリカ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフの残骸

2005年 3月8日(火) 天気:晴れ  水温:4℃~7℃


11時頃から約3時間、木和田平周辺と赤保谷周辺で採取しました。
11時頃から水温が上がり始め、昼頃にはユスリカのハッチがピークになりました。緩い流れや渕尻ではヤマメのライズが始まり、セレクティブにユスリカを捕食していました。ヤマメは岸際の浅い流れにもいて、ライズがなくてもドライフライに反応しました。

●ヤマメ1 木和田平駐車場下  ユスリカ・ピューパ・アダルト/クロカワゲラ・ニンフ

●ヤマメ2 木和田平駐車場下  ユスリカ・ピューパ・アダルト

●ヤマメ3 木和田平駐車場下  ユスリカ・ラーバ・ピューパ・アダルト/ヒメフタオカゲロウ類・ニンフ/ガガンボ・ラーバ

●ヤマメ4 木和田平駐車場下  ユスリカ・ピューパ・アダルト/他消化されて不明なもの少し

2005年 3月16日(水) 天気:晴れ  水温:6℃~8℃


13時頃から約3時間、事務所下から西の橋までの間で採取しました。
前夜に冷え込んだおかげでハッチはポツポツ。2時過ぎ頃からクロカワゲラ、マエグロヒメフタオカゲロウ、タニヒラタカゲロウなどの姿が目立ち始めるも、量が少ないため魚の反応は良くありませんでした。

●ヤマメ1 4西の橋下     クロツツトビケラ・アダルト/ユスリカ・ピューパ・アダルト/不明カディスピュ-パ/他消化されたもの

●ヤマメ2 4西の橋下     ユスリカ・ピュ-パ/不明トビケラ・ラーバ(?)/他消化されたものと藻など

●ヤマメ3 2下弁天上流    クロツツトビケラ・アダルト/ユスリカ・ピューパ 右上のクロツツトビケラはまだ生きていた。

●ヤマメ4 1管理事務所下   フタオカゲロウ類(オオフタオ?)・ニンフ/ユスリカ・ピューパ

2005年 3月27日(日) 天気:晴れ  水温:6℃~10℃


11時頃から夕方まで、西の橋周辺と上流のヤマメ専用区で採取しました。
朝霜が降りていたにもかかわらず、昼間は暖かくなり、今シーズン初めて水温が10℃になりました。ハッチはユスリカ、ヒラタコエグリトビケラ、クロツツトビケラ、コカゲロウ、マエグロヒメフタオカゲロウ、トビイロカゲロウ、ナミヒラタカゲロウ、クロカワゲラ、オナシカワゲラ、ガガンボなど、川全体が虫だらけという状況です。特にトビイロカゲロウのスピナーフォールは圧巻でした。

●ヤマメ1 4西の橋下     ユスリカ・ピューパ・アダルト/クロツツトビケラ・アダルト/トビイロカゲロウ・ニンフ/他藻のようなもの少々

●ヤマメ2 21神谷堰堤上    クロツツトビケラ・アダルト/ユスリカ・ピューパ・アダルト/トビイロカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ

●ヤマメ3 22製材所裏     クロツツトビケラ・アダルト/ユスリカ・ピューパ・アダルト/トビイロカゲロウ・ニンフ

●ヤマメ4 23鏡沢下流     クロツツトビケラ・アダルト/ユスリカ・ピューパ・アダルト/他消化されたもの少々

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|