ストマック情報TOP月ごとの比較/2005年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。

・・・・・・・・年ごとの比較/2017年6月2014年6月2012年6月'11年6月'09年6月'07年6月'06年6月'05年6月'04年6月'03年6月

2005年 6月1日(木) 天気:晴曇り時々晴れ 水温:14℃~16℃

午後1時頃からご午後3時半頃まで下弁天から坂東橋にかけて採取しました。
前日の雨で水量が回復し、魚の活性が上がって#14くらいのドライフライに良く反応しました。ハッチはヒラタカゲロウやコカゲロウなどがポツポツという感じで多くはありません。雨で木から落ちたテレストリアルが食べられていました。

●ニジマス1 2下弁天上流   フタオカゲロウ類・ニンフ/コカゲロウ類・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化されたニンフ

●ニジマス2 2下弁天上流   名称不明の陸生昆虫/チラカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・ラーバ/他消化されたもの。

●ヤマメ1 2下弁天上流     ミドリカワゲラ・アダルト/羽アリ(大小2種)/ユスリカ・アダルト/オドリバエ・アダルト/他花と消化されて判別不能なもの

●ヤマメ4 3坂東橋下流    不明トビケラ・ピューパ/オドリバエ・アダルト/他消化されたニンフ

2005年 6月8日(木) 天気:曇り 水温:16℃~17℃

午後1時頃から4時頃まで事務所下から下養沢橋にかけて採取しました。
雨で水量は多め、流れの中の魚は活性が高く大き目のドライフライに良く反応しました。先月に比べると昼間のハッチは少なくなりましたが、夕方にはカワゲラ(ストーンフライ)やコカゲロウ、ヒメカゲロウ、
トビケラ(カディス)などが見られました。梅雨に入ると雨で木から落ちた陸生昆虫(テレストリアル)の存在も重要になります。

●ニジマス1 2下弁天     蜘蛛/不明トビケラ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ・スピナー(?)/不明カワゲラ・ニンフ/他消化されたニンフと少量の藻

●ニジマス2 2下弁天上流   不明トビケラ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ・スピナー/蟻/名称不明陸生昆虫/極小甲虫/他消化されたもの

●ヤマメ2 2下弁天上流    ミドリカワゲラ・アダルト/オドリバエ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/マダラカゲロウ類・ニンフ/他消化されて判別不能なもの多数

●ニジマス3 2下弁天上流   不明カワゲラ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ガガンボ・アダルト/他消化されたニンフ

2005年 6月17日(金) 天気:曇り 水温:15℃~17℃

午後1時頃から3時頃まで木和田平周辺で採取しました。
前日の雨で水量は多めでした。ハッチは午前中ほとんどありませんでしたが、3時頃からマダラやヒラタといったカゲロウ類のハッチがポツポツ見られました。雨で木から落ちた陸生昆虫(テレストリアル)や増水で流されたガガンボ・ピューパが特徴的です。

●ニジマス1 12早淵上流   不明カワゲラ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ガガンボ・アダルト/他消化されたニンフ

●ニジマス2 木和田平駐車場  ヒメカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/蜘蛛(?)/他消化されたもの

●ニジマス3 木和田平駐車場  オドリバエ・アダルト/トビイロカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・ラーバ/他消化されたもの

●ニジマス4 木和田平駐車場  マダラカゲロウ類・ニンフ/モンカゲロウ・ニンフ/他消化されたものと藻

画像をクリックすると拡大します。  ※ポイントの前の数字は案内図の番号です。

2005年 6月29日(木) 天気:曇り 水温:18℃~19℃

午後2時頃から5時頃まで上流のヤマメ区間で採取しました。雨で水量は多め、下流は笹濁りでしたが上流の濁りは薄くちょうどよい感じでした。ハッチもライズもほとんどありませんでしたが、瀬の中の魚は活性が高く大きめのドライフライにも良く反応しました。

●ヤマメ1 23鏡沢       ナミ(?)フタオカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・ラーバ・ピューパ/ユスリカ・ピューパ/ブユ・ラーバ/他消化されたもの

●ヤマメ2 23鏡沢下流     ユスリカ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・ラーバ・ピューパ/マダラカゲロウ類・ニンフ/他消化されて判別不能なもの多数

●ブラウン1 23鏡沢下流    フタスジモンカゲロウ・ニンフ/マダラカゲロウ類・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ユスリカ・ラーバ/ピューパ(?)

●ヤマメ3 23鏡沢下流     陸生甲虫/チラカゲロウ・スピナー/ユスリカ・ラーバ/ガガンボ・ピューパ/他消化されて判別不能なもの

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|