ストマック情報TOP月ごとの比較/2005年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。
・・・・・・・・年ごとの比較/2014年9月'12年9月'11年9月'09年9月'07年9月'06年9月'05年9月'04年9月'03年9月

2005年 9月8日(木) 天気:晴れ 水温:17℃

午後2時頃から5時頃まで木和田平周辺と事務所周辺で採取しました。
台風の影響で水は多めですが濁りはありません。日中はほとんどライズがありませんでしたが、夕方になるにつれ増えてきました。先週とうって変わってドライフライへの反応はすこぶる良く、ポイントによってテレストリアル系と小さなダン系のフライによく反応しました。

●ニジマス1 16遠藤前     蟻(ムネアカオオアリ)/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸

●ヤマメ1 16遠藤前上流    オドリバエ・アダルト/カワゲラ類・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化されたもの多数

●ヤマメ2 12早淵上流     オドリバエ・アダルト/チラカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化された残骸

●ニジマス2 木和田平駐車場  オドリバエ・アダルト/ユスリカ・ラーバ/チラカゲロウ・ニンフ/蜘蛛/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化されたもの

2005年 9月13日(火) 天気:晴れ 水温:20℃

夏が戻ってきたような暑さの中、午後1時半から3時頃まで木和田平周辺で採取しました。
水は平水、ちょうどいい感じです。ハッチは見えませんが、時々水面直下で小さなものを食べているようなライズがあり釣ってみるとどの魚も小さな黒い虫を偏食していました。小さいので一見ブユかと思ってルーペで見たら翅も頭もお腹もオドリバエのようです。まるで春先のストマックみたいで、この時期にこういう状況は初めて経験します。人間の都合で放流された魚も、人間の都合どおりには生きていないということですね。管理釣場とはいえ養沢は奥が深いです。

●ヤマメ1 木和田平駐車場下  オドリバエ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/小さなカワゲラ・ニンフ/他消化された残骸

●ヤマメ2 木和田平駐車場下  オドリバエ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/他消化されたもの

●ニジマス1 木和田平駐車場 オドリバエ・アダルト/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸

●ヤマメ3 木和田平駐車場下  オドリバエ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/他消化されたもの

2005年 9月21日(水)
天気:曇り時々雨 水温:17℃~18℃

時折雨がパラつく中、午後2時から4時頃まで木和田平周辺で採取しました。
水は平水、ハッチもライズも少ないですが、ダンやパラシュートなどの小さめのフライによく反応しました。ヤマメは大分婚姻色が目立つようになりました。早い個体は今月末には産卵行動に入ります。神谷えん堤上流のヤマメ区間は、産卵保護のため9月いっぱいでクローズになります。

●ブラウン1 木和田平駐車場  羽蟻/ユスリカ・ピューパ/オドリバエ・アダルト/小さな甲虫/他消化された残骸

●ニジマス1 木和田平駐車場  コカゲロウ・ニンフ/蜂/小型甲虫/ヒラタカゲロウ・ニンフ/他消化されたもの多数

●ニジマス2 木和田平駐車場  コカゲロウ・ニンフ・ダン/ユスリカ・ピューパ

●ニジマス3 木和田平駐車場  コカゲロウ・ニンフ/羽蟻/バッタの翅?/他消化されたもの

2005年 9月27日(水) 気:曇り時々雨 水温:16℃

肌寒い中、午後2時から4時頃まで神谷周辺で採取しました。
水は少し多め、コカゲロウとコカクツツトビケラのハッチがあり、時折ライズもありました。魚は案外セレクティブでフライのサイズが大きいとほとんど直前でUターンしてしまいます。不安定で春先のような状況ですが、春先よりもフライの見切りは早いです。神谷堰堤上流のヤマメ区間は、産卵保護のため9月いっぱいでクローズになります。

●ニジマス1 17ポンプ小屋   コカゲロウ・ニンフ・ダン/ブユ・ラーバ・アダルト/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ヒメカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸

●ニジマス2 17ポンプ小屋   コカゲロウ・ニンフ・ダン/ブユ・ラーバ・アダルト/ユスリカ・ピューパ/ヒメカゲロウ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化されたもの多数

●ニジマス3 17ポンプ小屋   コカゲロウ・ニンフ/蜘蛛(1ミリほど)複数/コカクツツトビケラのケース残骸/他消化されたもの

●ヤマメ1 17ポンプ小屋    コカゲロウ・ニンフ・ダン/ユスリカ・ピューパ/不明カワゲラ・ニンフ/ブユのケース(ピューパ?)/他消化されたもの

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|