ストマック情報TOP月ごとの比較/2006年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。

・・・・・・・・年ごとの比較/2017年6月2014年6月2012年6月'11年6月'09年6月'07年6月'06年6月'05年6月'04年6月'03年6月

2006年 6月1日(木) 天気:晴れ/曇り 水温:18℃

午後1時頃から4時半頃まで木和田平から神谷にかけて採取しました。
水は多め、濁りはありません。昼間は目立ったハッチが少なくライズは多くありませんでしたが、夕方5時過ぎからカワゲラが産卵のために川面を飛び交うと魚の活性は一気に上がりました。本格的なイブニングライズのシーズン到来です。

●ニジマス1 12早淵      コカゲロウ(?)・ダン(?)/コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/タニガワカゲロウ類・ニンフ/不明カワゲラ・アダルト(残骸)/他少量の藻と消化されて判別不能なもの

●ニジマス2 14神谷橋下流 ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他藻と消化されて判別不能なもの。

●ヤマメ1 14神谷橋上流    ユスリカ・ピューパ・アダルト/オドリバエ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/蟻/他消化されて判別不能なもの

●ヤマメ2 17ポンプ小屋    蜘蛛/オドリバエ・アダルト/蟻/コカゲロウ・ニンフ/不明カワゲラ・アダルト/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他消化されて判別不明なもの

2006年 6月6日(火) 天気:曇りのち雨 水温:16℃

午後3時半頃から6時頃まで下養沢橋直下で採取しました。
水は先週から比べて減り、ちょうど平水という感じです。ハッチはマダラやヒラタ、コカゲロウなどが散発、夕方雨が降り出して、カワゲラ類もいつもより少な目でした。それでも夕方5時頃からヤマメの活性が一気に上がり、ライズが増えました。流れの表層に見えるヤマメの頭にフライを落とせば出る、という感じで最後は#16のドライを飲まれるほどでした。たまにはこういうこともあります。

●ヤマメ1 2下弁天       ヒメカゲロウ・ニンフ/オオヤマ(?)カワゲラ・アダルト(翅のみ)/ガガンボ・アダルト/小型の蜘蛛/小さな蟻/オドリバエ・アダルト/ユスリカ・ピューパ/他消化されて判別不能なもの

●ヤマメ2 2下弁天      不明カワゲラ・アダルト/ユスリカ・ピューパ/オドリバエ・アダルト/ヒメカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なもの。

●ヤマメ3 2下弁天      甲虫類/ガガンボ・ラーバ/カワゲラ類・ニンフ/コカゲロウ・ダン(?)/他消化されて判別不能なもの

●ヤマメ4 2下弁天      小型の蜘蛛/小さな蟻/アミメ(?)カワゲラ類・アダルト/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ガガンボ・アダルト/他消化されて判別不明なもの

2006年 6月11日(日) 天気:曇りのち雨 水温:14℃~15℃

午後2時頃から4時半頃まで下弁天で採取しました。
天気予報と裏腹に、午後になっても雨は止むどころかますます強くなりました。ハッチはほとんどなし、2時頃に少しあったライズも時間の経過とともに少なくなって、ついに夕方はまったくなくなってしまいました。胃の中が空っぽの魚がいつもより多かったです。

●ニジマス1 2下弁天     不明トビケラ・ピューパ/ユスリカ・ピューパ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ・ダン(?)/小さな蟻/ガガンボ・ピューパ/オドリバエ・アダルト/ヒメカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

●ニジマス2 2下弁天     不明トビケラ・アダルト/ユスリカ・ピューパ/ヒメカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/他藻と消化されて判別不能なもの。

●ヤマメ1 2下弁天      木の葉の残骸/他消化された残骸

●ヤマメ2 2下弁天      コカゲロウ・ニンフ・ダン(?)/ヒメカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ガガンボ・ピューパ/他植物片と消化されて判別不明なもの

2006年 6月20日(火) 天気:晴れのち曇り 水温:16℃~17℃

午後1時半頃から5時頃まで下弁天から坂東橋間で採取しました。
珍しく薄日が差して、水温が17℃まで上がりました。水量は多めでも濁りはありません。目立つハッチががなく、ライズも少なかったですが、瀬の魚は元気でした。事務所周辺のプールでは夕方ヒメカゲロウと思われる静かな連続ライズがありました。

●ニジマス1 2下弁天上流   コカゲロウ・ニンフ・ダン(?)/小さな蟻/植物の種(?)/花/ユスリカ・ピューパ/ヒメカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・ピューパ/他消化されて判別不能なもの ※ライズがない早い流れの脇から

●ニジマス2 3坂東橋下流   カワゲラ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ・ダン/甲虫(コメツキムシ?)/蜂/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ガガンボ・ピューパ/アリマキ(?)/ミズスマシ/他消化されて判別不能なもの。 ※ライズがない早い流れの中から

●ヤマメ1 2下弁天      コカゲロウ・ニンフ/ヒメカゲロウ・ニンフ/多消化されて判別不能なもの少々 ※流れのないプールでライズしていた魚から

●ヤマメ2 2下弁天      コカゲロウ・ニンフ・ダン/羽蟻/ヒメカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・ピューパ・アダルト/ブユ・アダルト/蟻/不明カゲロウ・スピナー/ユスリカ・ピューパ/他消化されて判別不明なもの多数 ※流れのないプールでライズしていた魚から

2006年 6月25日(日) 天気:晴曇り・一時雨 水温:15℃~16℃

午後2時頃から5時頃まで下弁天で採取しました。
午後から雨が降りはじめ、一時かなり激しく降りました。激しい雨の前は水面直下への激しいライズ、雨の直後は水面直下への静かなライズ、さらに夕方は口だけ出すようなポツーンというライズに変わりました。今回は同じポイントで、同じようなフライを使って採取しました。

●ヤマメ1 2下弁天      (ヤマ?)トビケラ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他消化されたニンフ ※トビケラ・ピューパはサンプルを持ち帰らなかったため種類が特定できません。 ※雨の降り始め

●ヤマメ2 2下弁天      (ヤマ?)トビケラ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他消化されたニンフ ※トビケラ・ピューパはサンプルを持ち帰らなかったため種類が特定できません。 ※雨の降り始め

●ヤマメ3 2下弁天      (ヤマ?)トビケラ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/ブユ・ラーバ(?)/他消化されたもの ※トビケラ・ピューパはサンプルを持ち帰らなかったため種類が特定できません。 ※激しい雨の後

●ヤマメ4 2下弁天      コカゲロウ・ニンフ・ダン/ヒメカゲロウ・ニンフ/不明カワゲラ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ハエ(?)/他少量の藻と消化されて判別不明なもの多数 ※夕方静かなライズ

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|