ストマック情報TOP月ごとの比較/2006年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。
・・・・・・・・年ごとの比較/2014年7月'12年7月'11年7月'09年7月'07年7月'06年7月'05年7月'04年7月'03年7月

2006年 7月4日(火) 天気:晴れ一時雨 水温:18℃~19℃


午後から夕方まで、管理事務所下と木和田平駐車場下で採取しました。
平水、濁りなし、水温は高め、ハッチは目立たないがないが、コカゲロウやトビイロカゲロウなど小さめのカゲロウ類とタニガワカゲロウ類、ヒラタカゲロウ類などが散発。ライズは事務所下など限定的で、口だけ出すようなシビアなものばかりでした。ドライフライへの反応は全体的に鈍く、特にニジマスはほとんど反応しませんでした。

●ヤマメ1 1管理事務所下   コカゲロウ・ニンフ/ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/小型甲虫/ガガンボ・アダルト/タニガワカゲロウ類・ニンフ/他消化されて判別不能なもの ※道路側ギリギリでライズしていたヤマメ

●ニジマス1 1管理事務所下  コカゲロウ・ニンフ/ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/蟻/カメムシの幼生(?)/他消化されて判別不能なもの ※上流側コンクリート土台の脇でライズしていたニジマス

●ヤマメ2 1管理事務所下   コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/チラカゲロウ・ニンフ/フタスジ(?)モンカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・ピューパ(?)/他大量の木の葉と消化されて判別不能なもの ※上流側の流れの中でライズしていたヤマメ

●ニジマス2 1管理事務所下  コカゲロウ・ニンフ/トビイロカゲロウ・ニンフ/蟻/ユスリカ・ピューパ/他消化されて判別不能なもの ※岸際ギリギリの浅いところでライズしていた小型ニジマス

2006年 7月9日(日) 天気:曇り/雨 水温:18℃


午後1時頃から4時頃まで、西の橋から宝沢合流点の間で採取しました。平水、濁りなし、どんより曇った蒸し暑い日で、夕方から激しい雨が降りました。目立つハッチはなくライズも少なめ、ドライフライへの反応もいまひとつで、そのうえ魚がスレ気味でフッキングしても浅く、今年最高のバラシ数を記録しました。途中で水中撮影をしたため、レンズが曇ってピンボケのようになってしまいました。

●ヤマメ1 4西の橋上流    コカゲロウ・ニンフ/ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/小型甲虫/他消化されて判別不能なもの

●ニジマス1 6海入道橋上流  コカゲロウ・ニンフ/ナミトビイロカゲロウ・ニンフ・ダン/カメムシの幼生/ブユ・ラーバ/ガガンボ・ピューパ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/植物の種/他消化されて判別不能なもの

●ヤマメ2 6海入道橋上流   コカゲロウ・ニンフ/アカマダラ(?)カゲロウ・ダン/ブユ・ラーバ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

●ヤマメ3 8宝沢下流     ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/ボウフラ(?)

2006年 7月23日(日) 天気:曇り 水温:15℃~16℃


昼頃から2時頃まで、木和田平平和橋から神谷橋の間で採取しました。
連日の雨で水はかなり多めで、ほんの少し青っぽく濁りが残っていました。ドライフライへの反応は圧倒的にヤマメのほうが多く、ニジマスの反応は鈍かったですが、釣れたニジマスはどれもコンディション抜群でした。放流されたばかりのニジマスはかなり流されてしまったようです。

●ニジマス1 13平和橋上流   コカゲロウ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

●ヤマメ1 13平和橋上流    羽蟻(大・小2種)

●ニジマス2 14神谷橋下流   ヒゲナガカワトビケラ・ニンフ/羽蟻(小)/不明カワゲラ・ニンフ/他少量の藻と消化されたもの

●ヤマメ2 14神谷橋下     羽蟻(大・小2種)/コカゲロウ・ニンフ/他消化されたもの少々

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|