ストマック情報TOP月ごとの比較/2006年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。
・・・・・・・・年ごとの比較/2014年8月2012年8月'11年8月'09年8月'07年8月'06年8月'05年8月'04年8月'03年8月

2006年 8月1日(火) 天気:曇り 水温:17℃~18℃

午後1時半頃から4時頃まで、神谷周辺で採取しました。
水が多めなので、魚は瀬などに散っているようです。目立つハッチはありませんが、水温が低めで魚の活性は高くドライフライによく反応しました。時々ライズが見られましたが、特にニジマスのライズ狙いは相当シビアです。

●ニジマス1 14神谷橋上流   コカゲロウ・ニンフ/ヒラタカゲロウ・ニンフ/大量の藻と消化されたもの

●ヤマメ1 14神谷橋上流    コカゲロウ・ニンフ/羽蟻/極小蟻/ヒラタカゲロウ・ニンフ/カワゲラ類・ニンフ/ヒゲナガカワトビケラ・シャック(抜け殻)(?)/他消化されて判別不能なニンフなど

●ニジマス2 16遠藤前     オドリバエ(?)・アダルト/ブユ・ラーバ/ユスリカ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ/カワゲラ類・ニンフ/ヒラタカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

●ヤマメ2 16遠藤前      羽蟻/蟻/不明甲虫/カメムシの幼生/極小蜘蛛/他植物の葉と消化されて判別不能なもの

2006年 8月8日(火) 天気:曇り・雨 水温:18℃~19℃

午後2時頃から4時半頃まで木和田平周辺で採取しました。
多かった水が落ち着き、釣りやすくなった反面魚がスレた感じです。フライへの反応は鈍く、フライの直前でUターンする魚や出てもくわえていない魚が目立ちました。

●ニジマス1 木和田平駐車場  コカゲロウ・ニンフ/トビイロカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/ガガンボ・ピューパ/羽蟻/他消化されたもの

●ヤマメ1 木和田平駐車場   コカゲロウ・ニンフ/羽蟻/カワゲラ類・ニンフ/フタオカゲロウ類・ニンフ/小さな蛾/他消化されたもの

●ニジマス2 木和田平駐車場  コカゲロウ・ニンフ・ダン/ヒゲナガカワトビケラ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/カワゲラ類・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他少量の藻と消化されて判別不能なもの

●ニジマス3 木和田平駐車場  チラカゲロウ・スピナー/蜘蛛/コカゲロウ・ニンフ/カワゲラ類・ニンフ/ブユ・ラーバ/他藻と消化されて判別不能なもの

2006年 8月17日(木) 天気:曇り 水温:19℃

午後1時半頃から4時半頃まで木和田平周辺で採取しました。
午前中の激しい雷雨で強い濁りが入っていましたが、午後から徐々にとれ、ちょうど良い笹にごりになりました。目立つハッチもライズもないものの、魚の活性は高く、大き目のドライフライに良く反応しました。釣れる魚はどれもみなきれいで魚のコンディションは良かったです。

●ニジマス1 木和田平駐車場  コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/ガガンボ・ピューパ/羽蟻/他藻と消化されたもの

●ニジマス2 木和田平駐車場  コカゲロウ・ニンフ/羽蟻/蟻/フタオカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・ピューパ/不明甲虫/他消化されたもの

●ヤマメ1 木和田平駐車場   カメムシの幼生/コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他大量の川のりと消化されたもの

●ヤマメ2 木和田平駐車場   羽蟻/蜘蛛/小さい蛾/コカゲロウ・ニンフ/フタオカゲロウ・ニンフ/不明甲虫/蜂(?)/他大量の川のり、花びら、消化されて判別不能なもの

2006年 8月22日(火) 天気:曇り・雨 水温:20℃

午後2時頃から5時頃まで神谷周辺で採取しました。
はっきりしない天気で、昼頃には薄日が差すも夕方は激しい雨になりました。水は若干多め、水温が例年より低いので魚の活性は高く、特にヤマメはよくフライに反応しました。ぽっかり高く浮くフライよりも、水面に張り付いたり半沈みなどのほうが魚にアピールしたようです。

●ニジマス1 18神社下     コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/ガガンボ・ピューパ/羽蟻/他藻と消化されたもの

●ニジマス2 16遠藤前     コカゲロウ・ニンフ/羽蟻/蟻/フタオカゲロウ・ニンフ/ガガンボ・ピューパ/不明甲虫/他消化されたもの

●ヤマメ1 16遠藤前      カメムシの幼生/コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他大量の川のりと消化されたもの

●ヤマメ2 16遠藤前      コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/ガガンボ・ピューパ/不明甲虫/蜂(?)/他大消化されて判別不能なもの

2006年 8月29日(火) 天気:晴れ・曇り 水温:20℃

午後1時半頃から4時半頃まで管理事務所周辺で採取しました。久しぶりの晴れ、日中気温が上がったものの湿度が低く快適でした。コカゲロウやトビイロカゲロウなどがハッチしていたようで、プールでは口だけ出すようなライズが頻繁にありました。ライズ狙いはヤマメよりもニジマスの方がセレクティブでした。

●ニジマス1 2下弁天     ナミトビイロカゲロウ・ニンフ・ダン/コカゲロウ・ニンフ/他消化されたもの

●ヤマメ1 2下弁天      コカゲロウ・ニンフ/蟻/ブユ/蜘蛛/他消化されたもの

●ヤマメ2 2下弁天      ヤスデ(陸生昆虫)/コカゲロウ・ニンフ・ダン/他消化されて判別不能なもの

●ニジマス2 2下弁天     コカゲロウ・ニンフ・ダン/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/極小甲虫/他少量の藻と消化されたもの

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|