ストマック情報TOP月ごとの比較/2007年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。
年ごとの比較/2012年10月'11年10月'09年10月'07年10月'06年10月'05年10月'04年10月'03年10月・・・・※画像をクリックすると拡大します。

2007年 10月4日(木) 天気:晴れ 水温:16℃

爽やかな秋晴れ、水はやや多め、先週とうって変わって流れにはたくさんの魚の姿がありました。
今日はたくさん採取できそうだと、タックルをセットして流れを覗き込むとそここは産卵行動を始めたヤマメが・・。
すでに産卵を終えたと思われるヤマメがヨロヨロと流されてもいるし、しばらく眺めていたら、とても釣った魚にポンプを入れる気になれなかったので竿を出さずに終了しました。今週はストマック情報の代わりに産卵の様子をお届けします。

●17神ポンプ小屋上流のヤマメ ヤマメの一部は婚姻色に染まり、産卵行動を始めていました。この2匹はヒメマスみたいに真っ赤な婚姻色ですが、どうやら養魚場によって婚姻色も産卵行動に入るタイミングも違うようです。

●13平和橋下流         中央の川床が掘られている部分が産卵床です。赤っぽい魚はヤマメ、これから産卵するのかそれとも産卵直後でしょうか? 産卵するとほとんどのヤマメは死んでしまいます。

●12早渕上流          白い岩のすぐ向こう側、川床が白くなっている部分が産卵床です。縦に細長いのでいくつか重なっているのかもしれません。今のところ産卵床を掘っているのはこの赤い婚姻色が出たヤマメだけです。

●7養沢センター上       中央の川床が白っぽくなっているのが産卵床です。まだこれから掘り続ける・・という感じでしょうか。堀行動や産卵は早朝や夕方行われることが多いようです。

2007年 10月20日(土) 天気:晴れ/曇り 水温:14℃~15℃

午後1時頃から3時頃まで、管理事務所周辺で採取しました。
管理事務所下では水面直下らしきライズが頻繁にありましたが、釣り人が近づいた途端止まってしまいました。しばらく休ませたあと覗いてみたら、今度は水生昆虫の流下が終わってしまったようです。

●ニジマス1 1管理事務所下   コカゲロウ・ニンフ・ダン/ユスリカ・ラーバ・ピューパ・アダルト/その他消化された残骸

●ニジマス2 1管理事務所上流  コカゲロウ・ニンフ・ダン/不明カワゲラ・アダルト/ブユ・ラーバ・アダルト/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

●ニジマス3 2下弁天上流   コカゲロウ・ニンフ・ダン/羽蟻/ブユ・ラーバ/巻貝(カワニナ)/ カワゲラ・アダルトの残骸?/他消化されて判別不能なもの

●ニジマス4 1管理事務所下  コカゲロウ・ニンフ・ダン/ブユ・ピューパ・アダルト/他植物片と消化されて判別不能なもの

2007年 10月31日(水) 天気:晴れ/曇り 水温:14℃

シーズン最終日、午後1時頃から2時頃まで木和田平周辺で採取しました。
台風の影響で水はやや多め、濁りはありません。コカゲロウやユスリカのハッチが目立ち、そこそこライズもありましたが、思ったより魚は神経質で簡単にフライをくわえてくれません。水面高く浮くフライよりも水面にベタッと張り付くか、半沈みのほうが反応は良かったです。

●ニジマス1 12早淵      コカゲロウ・ニンフ・ダン/ユスリカピューパ・アダルト/ヒラタカゲロウ類・ニンフ・イマージャー(?)/その他藻と消化された残骸

●ニジマス2 12早淵      コカゲロウ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ブユ・ラーバ・ピューパ/他消化された残骸

●ニジマス3 12早淵上流    コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ラーバ・ピューパ/ブユ・ラーバ・ピューパ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他植物片と藻、消化されて判別不能なもの

●ニジマス4 12早淵上流    コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/ブユ・ピューパ/ガガンボ(?)・ピューパ/他藻と消化された残骸

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|