ストマック情報TOP月ごとの比較/2007年3月4月5月6月7月8月9月10月まとめ※画像をクリックすると拡大します。
・・・・・・・・年ごとの比較/2014年6月2012年6月'11年6月'09年6月'07年6月'06年6月'05年6月'04年6月'03年6月

2007年 6月5日(火) 天気:曇り/晴れ 水温:15℃~17℃

午後3時ころから6時半ころまで神谷周辺と管理事務所周辺で採取しました。
ハッチが一段落してライズも少なくドライフライへの反応は今ひとつでしたが、沈んだドライフライや水面直下のウェットフライには劇的に反応しました。

●ヤマメ1 14神谷橋上流    小型甲虫/コカゲロウ・ニンフ/オドリバエ/極小ユスリカ・ピューパ/ガガンボ・アダルトらしきもの/イモ虫状の虫/他消化されて判別不能なもの

●ニジマス1 1管理事務所下   極小ユスリカ・ピューパ/他藻と消化されて判別不能なもの。

●ヤマメ2 1管理事務所下    クシゲ(?)マダラカゲロウ・ニンフ/不明カゲロウ・ダン・スピナー(?)/コカゲロウ・ニンフ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/ガガンボ・ピューパ/他少量の藻と消化されて判別不能なもの

●ニジマス2 1管理事務所下   極小ユスリカ・ピューパ/ヒメカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不明なもの

2007年 6月13日(水) 天気:晴れ 水温:15℃~19℃

午前10時頃から午後3時頃まで、断続的に神谷堰堤上と海入道橋周辺で採取しました。
ハッチが一段落してライズが少ない割りにドライフライへの反応はそれなりにありました。特定の虫がハッチしているわけではないので一箇所で粘るよりポイントを次々に変えたほうが結果は良かったです。

●ヤマメ1 24高橋下流     小型甲虫/コカゲロウ・ニンフ・ダン/オドリバエ/ヒラタカゲロウ・ニンフ/蟻/チラカゲロウ・ニンフ/ブユ・ラーバ・ピューパ/ヘビトンボの幼虫/蜘蛛らしき虫/他消化されて判別不能なもの

●ヤマメ2 6海入道橋下流   カメムシ/小型甲虫/小型蟻/カゲロウのダンらしきもの/他消化されて判別不能なもの。

●ニジマス1 6海入道橋下流   コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他消化されて判別不能なもの

●ヤマメ3 6海入道橋     ユスリカ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ/ダン(?)/小型蟻/小型甲虫/ガガンボ・ピューパ・アダルト/他消化されて判別不明なもの

2007年 6月17日(日) 天気:晴れ 水温:18℃~19℃

午後1時半頃から3時頃まで神谷橋上流からポンプ小屋下流の瀬で採取しました。
炎天下の一番暑い時間帯でしたが、浅い瀬だけを狙って釣り上がるとドライフライへの反応は思ったより良かったです。コカゲロウやナミトビイロ、フタスジモンカゲロウなどメイフライのハッチが少しありました。

●ヤマメ1 14神谷橋上流    蛾/コカゲロウ・ニンフ・ダン/蟻/羽蟻/オドリバエ/ブユ・ラーバ・ピューパ/小型甲虫/蜘蛛/ユスリカ・ピューパ/イモムシ状の虫/他消化されて判別不能なもの 

●ヤマメ2 14神谷橋上流    コカゲロウ・ニンフ・ダン/小型甲虫/蟻/ブユ・ラーバ・ピューパ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/他消化されて判別不能なもの。

●ニジマス1 17ポンプ小屋   コカゲロウ・ニンフ・ダン/ユスリカ・ピューパ/小型甲虫/ブユ・ラーバ・ピューパ/ヒラタカゲロウ類・ニンフ/マダラカゲロウ類・ニンフ/他少量の藻と消化されて判別不能なもの

●ニジマス2 17ポンプ小屋   モンカゲロウ・ニンフ/ヒラタ(?)カゲロウ類・スピナー/カワゲラ類・ニンフ/蟻/小型甲虫/ブユ・ラーバ・ピューパ/ガガンボ・アダルト/トビケラ類アダルト(?)の翅/他少量の藻と消化されて判別不明なもの

2007年 6月24日(日) 天気:曇り/雨 水温:16℃~18℃

午後4時頃から5時頃まで下弁天で採取しました。
雨の中コカゲロウがハッチして思ったよりたくさんライズがあました。水面への反応は今ひとつでしたが、小さめのドライフライやテレストリアル系、フローティングニンフにはそれなりに反応がありました。

●ニジマス1 2下弁天     コカゲロウ・ニンフ/小型蟻/ユスリカ・ピューパ/オドリバエらしきもの/カワゲラ・アダルトらしきもの/他消化されて判別不能なもの  

●ニジマス2 2下弁天     コカゲロウ・ニンフ/マダラカゲロウ類・ニンフ/極小蟻/他消化された残骸

●ニジマス3 2下弁天     コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ・アダルト/他消化されて判別不能なもの多数

●ニジマス4 2下弁天     コカゲロウ・ニンフ/ユスリカ・ピューパ/他消化された残骸

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|