ストマック情報TOP月ごとの比較/2017年3月4月5月6月7月8月9月※画像をクリックすると拡大します。

・・・・・・・・年ごとの比較/2017年5月2014年5月2012年5月'11年5月'09年5月'07年5月'06年5月'05年5月'04年5月'03年5月

2017年 5月9日(火) 採取場所:⑫早淵

天候/曇り  川の気温/18℃  風/微風  水量/少な目  濁り/なし  水温/14℃   

2時過ぎから1時間ほど、木和田平の早淵だけで採取しました。
魚は全体敵に浮いていてライズも頻発、その割にフライを選びました。
この時間はハッチがほとんどなかったので、多様なものを食べていたようです。

ニジマス1 ⑫早淵        ユスリカ・ピューパ・アダルト/ガガンボ・ピューパ/コカゲロウ・ニンフ・ダン/蟻/不明トビケラ・アダルト・シャック(抜け殻)/ブユ・アダルト/ハゴロモ類(陸生昆虫)/蜘蛛/草の種と消化された残骸

ヤマメ1 ⑫早淵         ナミトビイロカゲロウ(?)・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ・ダン/ユスリカ・ピューパ・アダルト/ガガンボ・ピューパ/蜂/蟻/小さな甲虫/カメムシの幼生/他消化されて判別不能なもの多数

ヤマメ2 ⑫早淵         甲虫(1cmほど)/ガガンボ・アダルト/蜘蛛/蟻/オドリバエ/アリマキ/コカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なもの多数

ヤマメ3 ⑫早淵         小さな甲虫(数匹)/1cmほどの甲虫/カクツツトビケラ・ニンフ(ケース)/オナシカワゲラ・アダルト/コカゲロウ・ニンフ/不明トビケラ・アダルト/ユスリカ・ピューパ/蟻/小さな蜘蛛/小さな巻き貝(カワニナ)他消化されて判別不能なもの

2017年 5月22日(月) 採取場所:②下弁天、⑤立岩〜⑦養沢センター上

天候/晴れ  川の気温/28℃  風/微風  水量/少な目  濁り/なし  水温/17℃   

昼過ぎから4時過ぎまで、立岩上流からの釣り上がりと下弁天で採取しました。
少ない水と急激な水温上昇で、瀬の魚の活性は低く、プールのヤマメだけが元気でした。
ハッチが多様になって、食べているものは絞りにくい状況でした。

ヤマメ1 ⑤立岩上流       ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ(?)スピナー・/マダラカゲロウ類(?)・ニンフ/1cmほどの甲虫/ハゴロモ(陸生昆虫)/他消化されて判別不能なもの

ヤマメ2 ⑥海入道橋       ナミトビイロカゲロウ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/3ミリほどの甲虫/アリマキ/ブユ・アダルト/蟻/オドリバエ/他消化されて判別不能なもの多数

ヤマメ3 ⑦養沢センター上    コカゲロウ(?)・ニンフ/ガガンボ・ピューパ/カワゲラ・アダルトの残骸/カワゲラの卵(粒状のもの)/他消化された残骸

ヤマメ4 ②下弁天        1センチほどの甲虫(複数)/3ミリほどの甲虫(複数)/ユスリカ・アダルト/アリマキ/カワゲラの卵(粒状のもの)/他植物片と消化されて判別不能なもの

2017年 5月27日(土) 採取場所:⑪木和田平橋〜上流

天候/曇り  川の気温/20℃  風/微風  水量/少な目  濁り/なし  水温/17℃   

午後2時半頃から3時半頃まで、木和田平橋下と上流の瀬で採取しました。
ニジマスの活性が高く、ライズもあるのにドライフライにはややスレ気味で、反応は今一つでした。
ハッチのない時間帯はやはりテレストリアルでしょうか。

ニジマス1 ⑪木和田平橋     5ミリほどの甲虫/3ミリほどの甲虫/蟻/藻と消化された残骸

ニジマス2 ⑪木和田平橋上流  ナミトビイロカゲロウ(?)・ダン/カワゲラ類・ニンフ/5ミリほどの甲虫/蜂のような翅のある虫(1センチほど)複数匹/他藻と消化された残骸

ニジマス3 ⑪木和田平橋上流  コカゲロウ(?)・ニンフ/5ミリほどの甲虫/他藻と消化されて判別不能なもの多数

ニジマス3の魚         カメラの故障で、ヤマメ1は写真がありません。

|1|2|3|4|5|6|7|