画像は一部を除きクリックすると拡大します。

②フライラインにリーダーを接続する

フライラインとリーダーを接続する方法は、直接結ぶ、プラスチックのコネクターを使う、フライラインの先端にループを作る、ブレイディッドラインを使うなど何通りかのやり方があります。
それぞれ長所、短所がありますので、ここではもっともポピュラーな直接結ぶ方法を説明します。簡単なツールを使う方法と、手だけで行う方法があります。
実際釣り場でリーダーを交換することは珍しいことではないので、手だけで結ぶ方法を覚えておくとツールがないときでも困ることはありません。少し練習すれば誰でもできます。

ツールを使った結び方

フライラインとリーダーとの結びは、チューブや釘、専用ツールなどを使って結ぶネイルノットという方法が一般的です。
チューブを使う場合、肉厚のストローなどで専用のものを作っておくと便利です。チューブがなければ釘や棒など(爪楊枝でもできます)を代用して隙間にリーダーを通すという方法でも可能です。
手がもう一本あればツールを使わなくても良いのでしょうが、専用のツールも販売されているのでお金に余裕がある方はどうぞ。

手だけでできる結び方

釣り場で釘もパイプもない状態で結ぶことができる通称「ネイルレスノット」を紹介します。この結び方は十数年前に「フライの雑誌」で紹介されたもので、あまり知られていませんが簡単で強度があるので覚えておくと便利です。







①リーダーのバット部に輪を作ります。














②バット側の先端を輪の中にくぐらせます。(4回〜5回)












③フライラインの先端をリーダーの出口から軌跡に沿って通します。
ここではリーダーが下から出ているので、フライラインは上から通します。












④リーダーの軌跡に沿ってフライラインをくぐらせていきます。回数はリーダーより1回少なくするときれいにできます。
(リーダーが5回ならフライラインは4回というように)











フライラインにリーダーが絡みつくようにフライラインを張りながらリーダーを徐々に締めていきます。
爪を利用して結び目がきれいにそろうようにします。










⑥フライラインの先端近くでリーダーが締まるように位置を調整してリーダーの左右を強く引き締めます。
あまったラインはガイドに引っかからないようにぎりぎりでカットします。
最後に強く引いて抜けないことを確認してください。










実際にフライラインとリーダーを結んだ状態です。
このように結び目をきれいに揃えるとロッドのガイドに引っかかることはほとんどありません。






直接結ばないで接続する方法

フライラインの先端にループを作る方法や専用のコネクターを使う方法などあります。

●ループ付きのラインやループを付ける場合

左)フライラインの先端にブレイディッドのループを取り付け、リーダーのバット側にもループを作ります。(ループはエイトノットなどで簡単に作れます)
ラインの先端に最初からループが付いているものも同じようにします。

右)ループとループをこんな感じで通します。これをループ・トゥ・ループと言います。
低番手のラインだと継ぎ目がガイドに引っかかりやすいですが、リーダーの交換頻度が高い場合には有利です。


●市販されているプラスチックのリーダーコネクターを使う


フライライン、リーダーはコネクター内の結び目で止まるようになっています。
接続は簡単ですが、すっぽ抜けやコネクターの割れ、ロッドのガイドへの抵抗などのトラブルがあるため、注意してご使用ください。